Pancake SwapでステーキングしていたLPトークンが消えた!【v2へ移行が必要】やり方を画像27枚で分かりやすく解説。

久しぶりにPancake Swapを確認してたら、なんと農場からLPトークン消えた!「ハッキングにあった、VPNサービスを使っているし、Revokeもしている…なんで」 って。
しばらく放置していた人はかなり、あせったのでは…

 

結論からいうと、Pancake Swapのv1サイトからv2サイトに移行措置があったのが原因です。

弊害として、4月20日の移行完了後はステーキングの報酬を受け取れなくなることと、サイトからトークンが消えてしまう状態になります。

 

では、どうすればいいの?という悩みにお答えします。

この記事の内容

  • Pancake Swapでファーミングやステーキングしている人はv1からv2へ「新しい農場へ」移行する
  • 移行後は各自でステーキングしているトークンを一度アンステーク(解除)してv2でステーキングをする
上記の作業をやる必要があります。なので、この記事では新しいPancakeSwapn農場「v1サイトからv2サイトへ」の移行のやり方を画像27枚で解説します。

 

この記事をかいている私は自称「サラリーマン仮想通貨オタク」で2016年から暗号資産(仮想通貨)をやってます。最近ではDefiなんかもやってて、最新テクノロジーオタクでもあります。

 

新しい農場「MasterChef v2」への移行する(v1〜v2)

 

 

獲得にカーソルを合わせて「ファーム」をクリックする。

http://Pancakeswap.finance/migrationにアクセスしてもOK。

 

 

終了「クリック」する。

 

Don’t see the farm you are staking? Go to migration page or check out v1 farms.と赤文字で表示されます。

直訳すると
あなたが賭けている農場を見ませんか? 移行ページに移動またはv1ファームを確認してください。
まずは、ファーミングやステークしてるトークンがあるのか確認してみます。「ダイレクトに移行ページに行くことも可能です」

 

v1Farmsを確認してみる「飛ばしてもOK」

 

Check out v1 farms.「クリック」する。

 

 

上記のv1ページにアクセスでき、保有していたLPトークンの存在が確認でき、ほっとしました。

LPトークンがあるのかドキドキ! ハッキングされたんじゃないか確認できるまでは安心できないよね。

 

セキュリティー対策は強固にしていたから、大丈夫とは思っていたけど。確認できるまでは、やっぱり不安です。

 

もし、DeFiをやっているけどVPNサービスでセキュリティーを強固にしてない方は必ず導入しておく事をおすすめします。低価格で利用可能です!

こちらの記事からどうぞ▼
暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引におすすめのVPN5選【選ぶポイントとメリット・デメリットも解説!】

 

消えていたLPトークンが確認できたのでv2へ移行作業を行います

 

 

前の画面の戻ってGo to migration page「クリック」する。

 

 

上記の画面でOld PoolsOld Farmsが表示されます。LPトークンでファーミングしているので、ステーキングもしてます。

なので、poolsとFarmsを新しいv2へ移行する必要があります。

それには一旦それぞれ、アンステーク(解除)する必要があります。

 

Old PoolsとOld Farms(古い農場)からステーキングを全てアンステーク(解除)する

 

Poolsのステーキングをアンステーク(解除)する

 

 

Old PoolsのUnstake All(アンステーク)「クリック」する。

 

 

 

メタマスクに接続されるので確認「クリック」する。「この時にガス代がかかります」

 

 

これでOld PoolsのUnstake All(アンステーク)ができました。次はファームをやります。

 

FarmsにあるLPトークンのステーキングをアンステーク(解除)する

 

 

Old FarmsのUnstake All(アンステーク)「クリック」する。

 

 

メタマスクに接続されるので確認「クリック」する。「この時にガス代がかかります」

 

 

 

Old FarmsがUnstake All(アンステーク)ができました。

v2 Master Chef「新しい農場」でステーキングする

 

 

 

Unstaking LP Tokena and CAKEのGo to Stake「クリック」する

 

PoolsのCAKEをステーキングする(元通りに戻す)

 

 

Stake CAKEのFlexible「クリック」する。

 

 

CAKEをステーキングする量「基本Max」を決めて確定「クリック」する。

 

 

メタマスクに接続されるので確認「クリック」する。「この時にガス代がかかります」

 

 

今はFlexible「預けたCAKEはいつでも引き出せる」状態です。おおくの年利を獲得するには、Locked「指定した期間まで引き出せない」に変更する必要があります。

 

 

 

Lockedは期間でAPYが違ってるので、おおくの年利を収穫するには変更が必要です。短期での運用もできるので、やっておくことをおすすめします。

Convert to Lock「クリック」する。

 

 

1W 5W 10W 25W 52Wと5つあるのでご自身の合うものを「選択」してください。

私は売却するつもりはないので、おおくの年利を得られる52W(1年)を選択しました。

期間を選択したら確定「クリック」する。

 

 

メタマスクに接続されるので確認「クリック」する。「この時にガス代がかかります」

 

 

Poolsのv2でのステーキングが完了しました。

 

FarmsのLPトークンをv2にステーキングする(新しい農場へ)

 

 

有効化「クリック」する。

 

 

メタマスクに接続されるので確認「クリック」する。「この時にガス代がかかります」

 

 

これでLPトークンがステーキングが出来るようになりました。

次にステーキング「クリック」する。

 

 

LPトークンのステーキングをします。

最大「クリック」し、ステーキングの残高を表示させ、確定「クリック」します。

 

 

メタマスクに接続されるので確認「クリック」する。「この時にガス代がかかります」

 

 

Farmsのv2でのLPトークンのステーキングが完了しました。

 

まとめ

 

v2に移行したことにより、PancakeSwapの何が変わったのか?

 

今まではPools(プール)で自動運用してたら、ほったらかしで年利が60%〜多いときは100%くらいあったと思います。

これが、今回の移行で、運用期間を選択しなければいけません。「この記事でも解説しました」

    • Flexible:年利は少ないけど、好きなときに引き出せる
    • Locked:利息が高いが、指定期間まで引き出せない「期間は短期・長期で用意されてます(1W 5W 10W 25W 52W)最長1年です」

 

Flexibleにするのか、Lockedにするのか悩むところです。

 

2022年5月現在、1年預けると年利125%です。ちなみに1W(7日間)は8.3%です。Lockedでも大きな差があります。

私は52W(1年間)でロックしました。なぜなのか?

パンケーキスワップのトークンのCAKEが将来的に期待していることと、DeFiの魅力である高い利息を獲得することです。

 

よく考えて、ご自身の状況に合わせて判断してくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。