暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引におすすめのVPN5選【選ぶポイントとメリット・デメリットも解説!】

DeFiやNFTを取引したいけどハッキングが不安、セキュリティー面のリスクが気になる。安全な通信環境で取引できるVPNを検討しているけど、どのサービスを選べばいいのか分からない? 

そんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  • VPNを利用するメリットとデメリット
  • 暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引に使うVPNの比較「選ぶポイント」
  • 暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引に関するVPNの口コミ
  • おすすめのVPN5選

 

そもそもVPNって何?

 

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、日本語にすれば「仮想のプライベートネットワーク」です。

 

とはいえ分かりづらいですよね。▼図解で解説▼

 

Webサイトにアクセスしたり、暗号資産(仮想通貨)を取引する際に、ネットワーク上に仮想の通信回線を構築しデーターを暗号化「トンネリングという技術」することで、データーの盗み見られることがなく、データ改ざんや情報漏えいのリスクを防ぐことができます。

簡単にいうと、VPN技術で「トンネル」をつくってデーターがやり取りできることです。

ここ最近はテレワークの普及でVPNを導入する企業も増えてきてます。データー保護するためのセキュリティー対策に有効な方法です。

 

VPNが有効なセキュリティー対策なことは理解できましたが、どのサービスを選べばいいのか、分からないですよね。

 

 

なので、実際に暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引をしていてVPNサービスを使った経験からVPNサービスを選ぶポイントとおすすめVPNサービスを紹介します。

この記事をかいている私は自称「サラリーマン仮想通貨オタク」で2016年から暗号資産(仮想通貨)をやってます。最近ではDefiなんかもやってて、最新テクノロジーオタクでもあります。
この記事では5選紹介してますが、結論をいうと私の【おすすめVPNは以下の3つです!】

 

おすすめは3つ
No.1:NordVPN
価格・使いやすさ・接続スピード全てにおいてバランスのとれた最も優れたVPN

 

No.2:Millen VPN
日本企業が運営「契約・規約・マニュアル・サポート」全て日本語で対応

 

No.3:スイカVPN
中国で使えるVPN・日本製で日本語対応が充実・短期間の価格が安い 

その次はということで他に2社のVPNサービスも参考に紹介してます。

目次

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引でVPNを利用するメリットとデメリット

 

VPNを利用するメリット

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引にVPNを利用するメリットは以下の通りです。

  • 通信が暗号化されるので安全に通信できる
  • IPアドレスを偽装できる
  • アクセス制限されている国からでもサービスが利用できる
  • 低コストで利用できる
  • スマホからでもアクセスができる

それぞれ解説します。

通信が暗号化されるので安全に通信ができる

 

VPNを使うと、通信を暗号化るのでセキュリティーを強化できます。

なぜそんなことができるんだろ?  
それは、VPNサービスは多くは「AES-256」という暗号技術で担保されています。この技術はアメリカ政府が採用している規格であり、軍事機密にも使われています。
もし情報が漏洩しても「AES-265」の暗号技術で通信内容が盗まれることはありません。

 

例えば、ホテルやカフェでフリーWiFiを使うことは大変危険です。悪意を持った第三者からハッキングされるリスクがあります。

外出先での暗号資産(仮想通貨)の取引は、通信を暗号化することは重要です。

 

更にいうと、NFTやDeFiを使うにはMetaMask(メタマスク)をサイトに接続する必要があります、その通信内容をVPNで暗号化しておくことは、とても重要になります。

なので通信を暗号化することは必須なセキュリティーということです。

 

IPアドレスを偽装できる

 

暗号資産(仮想通貨)ウォレットはハッカーから見れば簡単にお金が盗めるATMみたいなもかもしれません。暗証番号をハッキングして「ポチ・ポチ・ポチ」でお金が無限にゲットできるような感じですかね。

ちょっと例えが、不快かな。 

とはいえ、テクノロジーは進化し続けています。ハッキングとセキュリティー対策はイタチごっこで、ハッカーから暗号資産(仮想通貨)を守るには常に新しい対策をしておく必要があります。

個人情報を守るということです。

 

そこでIPアドレスが偽装できれば「偽装というと聞こえが悪いのですが、違法ではありません」自分のIPアドレスから個人情報を盗まれることありません。

ちなみに、IPアドレスとは…PC、スマホに与えられたインターネット上の住所ですね。

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引にはこの技術が必要です。

 

なぜかというと、仮想通貨を取引する場合はブロックチェーン上に取引のログ情報が保存されます。このログ情報には、IPアドレスが含まれているので、ハッカーはIPアドレスから個人情報を特定し盗みだします。

 

なのでIPアドレスを偽装できるVPNを使うことで、安全な取引ができるようになります。

 

その他にも重要になるのが「ノーログポリシー」です。

 

とていわれても?ですよね。

ノーログポリシーとは
利用者の閲覧情報などログを記録しませんという約束です。ログを残さなければログ情報が漏れることはないんです。 
ノーログポリシーを採用しているVPNサービスを選ぶことは重要です。

 

あと、偽装とか言っているので、ヤバイサービスじゃないか…って思われるかもしれませんが、ほとんどの国で利用でき、日本でも合法で利用はOKなので安心して使えます。

 

アクセス制限されている国からでもサービスが利用できる

 

例えば、海外の取引所の中には日本からアクセスできないところもあります。

これは、IPアドレスで判断していて「あっ日本からのアクセスだ!これは接続させない」というようになっています。

 

VPNは世界中のサーバーにアクセスすることができるので、取引ができる国のサーバーからアクセスすれば、どの取引所にもアクセスできます。

 

 

低コスで利用できる

 

VPNサービスは月額1000円程度で、1年、2年と複数年で契約すれば月額で500円くらいで利用できます。

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」をするのであれば、月額の500円は必要経費と考えて導入するべきですね。

 

ランチ1回分より安い… 

低コスでセキュリティーを強固にするVPNを利用しない理由はないです。

 

スマホからでもアクセスできる

 

VPNはPCは当然ですがスマホからでもアクセスができます。暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引はPCだけとはかぎりません。メタマスクを接続することで簡単にできます。

 

なので、スマホもセキュリティーを強化する必要があります、むしろ最近はPCよりスマホでの利用が多くなってきてるので必須です。

 

ですから、VPNサービスは複数同時接続できるサービス会社がほとんです。「PC・スマホ・タブレットなど」

 

ご自身の必要接続機器の台数にあうサービスを選びましょう。「サービス会社によりますが5台以上は同時接続ができる会社が多いですね」

VPNを利用するデメリット

 

VPNを利用するメリットはわかりました。とはいえ「デメリットはあるでしょ!」と思いますよね。

なのでデメリットの詳細をみ見ていきましょう。

  • 通信速度が遅くなる
  • 利用料金がかかる
  • 情報漏えいの可能性がゼロにまるわけではない
  • 一部のサイトにアクセスできなることがある

通信速度が遅くなる

 

サービスを使うと通信速度が遅くなります。同じ時間帯にそのVPNサーバーを利用者が多ければ通信速度は遅くなります。

取引をするときに、速度が遅いと売買タイミングを逃してしまう可能性もあります。なので通信速度が安定しているVPNサービスを選びましょう。

 

速度に定評のあるサービスNordVPN

私はNordVPNを使用してますが、取引やネット検索、動画視聴でもフラストレーションを感じたことはありません。おすすめです!

 

利用料金がかかる

 

利用料金が少額です必要なのはデメリットになりますが、1ヶ月で1000円から500円くらいの使用料がかかります。

これくらいの費用は必要経費として投資しましょう。

 

情報漏えいのリスクがゼロになるわけではない

 

VPNサービスを利用しない状態と比べれば、はるかにセキュリティーは強固ですが、情報漏えいのリスクはゼロではありません。天才ハッカーであればセキュリティーは破られる可能性はあります。

なので、特に怪しいDeFiサイトなどに接続する時は特に注意する必要はあります。

 

一部のサイトにアクセスできないことがある

 

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引でVPNサービスを使ってそのまま接続した状態で別サイトにアクセスした場合、アクセスできないことがあります。

「このサイトにアクセスできません」と表示がでます。

 

あれって、ちょってあせりますが、この場合はVPNサービスの接続を遮断すればOKです。

使い分けをする必要があります。

 

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引に使うVPNサービスの比較「選ぶポイント」

 

 

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引でどこのVPNサービスを使えばいいのか悩むかと思います。そこでポイントを紹介します。

ポイントとして以下の5点です。

  • 通信速度
  • 通信のセキュリティー体制
  • 価格・返金保証・決済
  • サーバー設置数
  • 同時接続可能数・対応端末

 

それぞれ内容を見ていきましょう。

 

通信速度

 

VPNサービスを使うと通信速度が遅くなる傾向にあります。

暗号資産(仮想通貨)の取引、もっと言えば投資では数秒の遅れで利益の損失をしてしまう世界です。なので、通信速度の早いVPNサービスを選ぶことは最重要な判断基準です。

どのサービスにするか悩んだら、通信速度が早いかで判断して下さい。

VPNサービスの公式サイトで通信速度は実数が公開されています。

 

通信のセキュリティー体制

 

通信のセキュリティーで重要な点が「ノーログポリシー」を採用していることです。

『ノーログポリシーは通信したログを保存しません』と約束しているVPNサービスです。ログ情報が残ってなければ通信情報が漏えいすることはありません。

なので、ノーログポリシーを採用しているVPNサービスを選ぶことは絶対です。

 

さらに、セキュリティーを強固にしたいならVPN接続が切断したらサイトへの接続も遮断する「キルスイッチ」というものがあります。

万が一接続が切れても「キルスイッチ」が作動するので、ハッカーに侵入されるリスクは大幅に低減します。

 

価格・返金保証・決済

 

VPNサービスの価格はサービス会社で様々です。複数年で契約すれば費用は落とすことができます。

価格

 

サービスは、おおむね月額で数百円〜1500円くらいで使えます。

もっと高いサービスもありますが、そこまでは必要はないのかと思います。

 

逆に無料で使えるVPNサービスもあります。
セキュリティーからみて、通信情報の漏えいやウイルス感染のリスクや通信情報を第三者に流すしていることも考えられます。

 

セキュリティーを無料で強固にするのは難しいと理解してください。なんのためのセキュリティーが分からなくなります。

 

返金保証

 

VPNサービスにはほとんど全額返金保証がついてます。サービスによって返金対応期間に差があり、だいたい契約から30日〜45日が一般的です。

 

決済

 

クレジットカード・PayPal・Google Pay・Amazon Pay・Apple Pay・UnionPay・暗号資産(BitcoinやEtherなど)

暗号資産でも支払いができるVPNサービスも多く存在してます。クレジットカード情報を入れたくな人はありかもです。

 

サーバー設置数

 

サーバーはユーザーを処理できる容量の限界に近づくと、スピードが遅くなったり接続に失敗することがあります。

VPNサービス会社が多くのサーバーをもっていれば、サーバーの混雑が少なくなり、スムーズな接続が可能で、快適なスピードが実現できます。

 

分かりやすく、数字で比較してみましょう。

  • ユーザー数はA社、B社とも同じ1000人
  • A社のサーバー数は1000台、B社は1台

A社に1000人アクセスが同時にきても、楽に接続が可能ですが、B社に1000人同時にきたら大渋滞で接続できないし、スピードも遅くなります。

 

例えるなら、連休中の高速道路みたいなものです。「高速で走るための道路なのにノロノロしか動かないよ…」

 

接続のスピードはサーバーの性能にもよりますが、数が多いほうが速いに決まってますね。

 

同時接続可能数・対応端末

 

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引している人は複数の端末でネット利用している人が多いのではないでしょうか。「パソコン・スマホ・タブレットまた取引とは別にゲーム機など」

VPNですべてセキュリティーを強固にしておかないとハッキングされるリスクがあります。

 

なので、ご自身の使う台数を確認しサービスを選ぶ必要があります。だいたいどのサービスも5台くらいは接続が可能です。「中には無制限のサービスをしている会社もあります」

5台も接続できれば十分ではないでしょうか!

 

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引でVPNの口コミ

 

実際にVPNサービスを使っている人のTwitterの投稿を見てみましょう。

 

外出先でのネット接続はVPNサービスは必須ですね。DeFiをさわるならVPNサービスでセキュリティーを強固にしてないとヤバイ。

 


多くの人が暗号資産(仮想通貨)で資産を逃しているんでしょうね。VPNサービスを使うと通信が暗号化され、個人の特定ができないから、こんな凄い法律つくろうとするんだろうね。

裏を返せばそれだけ、機密が保持されるってことですね。

 

取引が規制されているところでも、VPNサービスを使うことで可能になります。

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引のおすすめVPN5選

 

NordVPN『使いやすさ・価格・高速・高セキュリティーが魅力のサービス』

 

 

価格 1ヶ月プラン:¥1,370/月
1年プラン:¥570/月
20ヶ月プラン:¥520/月
2年プラン:¥460/月
無料お試し・返金保証 30日間
設置国数 / サーバー設置台数 60ヵ国 / 5400台
日本語対応 有り
同時接続台数 6台
公式サイト NordVPN

NordVPNパナマに拠点を置いたVPNサービス会社です。

月額料金も2年プランだと500円以下で利用でき、他のVPNサービスと比較しても「サーバー設置国・サーバー数・通信速度・価格」のどれをとってもトップクラスの成績です。

セキュリティーも強固で、AES-256やキルスイッチなどの機能に加えて、ノーログポリシーを採用してます。

専用アプリで使用することもできますが、PCだとGoogle Chromeの拡張機能で使うと簡単に使えて、便利です。一時的に切りたいときの拡張機能からボタン一つでOK。

総合評価でNo.1のVPNサービスだと言えます。

▼公式サイト▼

Nord VPNの公式サイトはこちら

NordVPNの登録方法と解約方法の詳細は、以下の記事からどうぞ▼

NordVPNの登録と解約方法を画像で解説します。【仮想通貨のDeFiをやるなら必須です!】

Millen VPN『日本企業の運営で安心感が抜群のサービス』

 

 

価格 1ヶ月プラン:¥1,628/月
1年プラン:¥1078/月
3年プラン:¥968/月
無料お試し・返金保証 30日間
設置国数/サーバー設置台数 47ヶ国 / 1300台
日本語対応 有り
同時接続台数 5台
公式サイト Millen VPN

Millen VPNは日本企業「大阪に本社を設置」が運営してます。操作方法やサポートは日本語で対応してくれるのが最大の特徴です。海外サービスと違って安心できますね。

ノーログポリシーで匿名性を保証しており、1300以上のVPNサーバーがあり、通信速度も高速です。なのでVPNサービスを使ってもインターネットを高速で使えます。

日本語対応が充実していて、通信速度が高速なVPNサービスを選びたい方はMillen VPNおすすめなサービスです。

▼公式サイト▼

Millen VPNの公式サイトはこちら

スイカVPN『中国で使えるVPN、日本語対応が充実、短期利用向き』

 

 

価格 1ヶ月プラン:¥950/月
3ヶ月プラン:¥855/月
6ヶ月プラン:¥808/月
1年プラン:¥760/月
2年プラン:¥717/月
無料お試し・返金保証 無料お試し期間 「2週間」 / 3ヶ月以上の有料プランで最大 「4ヶ月無料」
設置国数 / サーバー設置台数 25ヶ国・45都市 / 47台
日本語対応 有り
同時接続台数 47台
公式サイト スイカVPN

日本企業が運営しており、日本語の対応が充実しており、中国で使えるVPNサービスです。中国はネットの検閲が厳しく、日本で使っているサービスはほとんどアクセスできません。

なので、中国で使えるVPNサービスは必要になります。

その中でもスイカVPNがおすすめです。日本企業の運営なので安心感がありますが、少し利用料金が高いのが気になります。

ですが、短期での利用であれば安い価格設定になっているので1ヶ月利用であればお得です。

▼公式サイト▼

スイカVPNの公式サイトはこちら

CyberGhost VPN『価格が安く、通信速度の速くコスパが魅力』

 

 

価格 1ヶ月プラン:¥1,480/月
1年プラン:¥495/月
2年プラン:¥375/月
3年プラン+3ヶ月:¥265/月
無料お試し・返金保証 45日間
設置国数/サーバー設置台数 91ヶ国 / 7800台
日本語対応 有り
同時接続台数 7台
公式サイト Cyber Ghost VPN

ヨーロッパでは人気のあるVPNサービスでルーマニアに拠点を置くドイツ系のVPN会社です。

魅力は低価格で利用でき、返金保証期間も45日間と他社にくらべて長く設定されています。

カスタマーサービスは遅くて雑な対応だなという印象です。海外サービスは日本の会社が運営しているような対応してくれるのは少ないです。

料金をできるだけ安く利用したい方にはおすすめです。コスパで選ぶならCyber Ghost VPNです。

▼公式サイト▼

Cyber Ghost VPNの公式サイトはこちら

 

セカイVPN『日本の会社が運営する老舗VPNサービスで知名度はダントツ』

 

価格 1ヶ月:¥1,100/月
無料お試し・返金保証 無料お試し / 2ヶ月無料
設置国数/サーバー設置台数 10ヶ国 / 数十台
日本語対応 有り
同時接続台数 3台
公式サイト セカイVPN

日本の会社が運営する老舗VPNサービスです。利用料金は1択の月1,100円です。

VPNサービスを安く使いたい方はNord VPNを使えばOK

セカイVPNおすすめはサポートです。日本語でのサポートが充実しており、分からないことは日本語で対応してくれるので安心して使用できます。

無料お試し期間が2ヶ月と長く設けられており、使い勝手が悪ければ解約できます。

通信速度がそこまで速くないのと、ノーログポリシーではないのでログ(アクセス情報)が保存されるので個人情報を気にする方はおすすめしません。

サポートが充実しているサービスを利用したい方におすすめです。

▼公式サイト▼

セカイVPNの公式サイトはこちら

 

VPNサービスが役立つ具体的な利用方法は?

 

外出先でのフリーWiFiを使うとき【必須です】

ホテル・スタバ・マクドナルド・公共施設などで、フリーWiFiを接続して暗号通貨(仮想通貨)「NFT・DeFi」の取引をするのは危険です。

基本的にフリーWiFiで暗号通貨(仮想通貨)「NFT・DeFi」や証券会社やネット銀行にアクセスする場合もハッキングされるリスクがあるので絶対にNGです。

やもえず行う場合はVPNは必ず使う必要があります。【必須です】

 

日本からのアクセスできない海外の動画サイトなど

 

暗号通貨(仮想通貨)「NFT・DeFi」以外でも日本からアクセスができないWebサービスを使う場合です。サービスの拠点が海外にある場合、VPNを利用することで、問題なく使えます。

取引以外でも海外のAVサイトを見るならVPNを使うべきです、広告も出ないし、ウイルス対策にもなります。AVは危険です。

日本で利用できない海外取引所

海外取引所のFTXで日本を対象外の地域に指定したことから、取引ができなくなったケースがあります。

こんなときにVPNサービスで海外のサーバーを経由することでアクセスができます。

もしも、別の海外取引所で同じような事態が仮に発生しても、VPNサービスを使うことで、資金を移すことは可能なので、海外取引所を使っているなら、もしもに備えておくことは重要です。

 

VPN使用に関するQ&A「よくある疑問」にお答えします!

 

VPNサービスは違法ではないのか

 

VPNサービスはそもそも違法サービスではないのか?

 

ほとんどの国で合法です。日本でも使っても問題ありません。

ただし、違法な国もあるので使用するときは注意してください、逮捕されます。

VPNサービスが違法な国「中国・イラク・アラブ首長国連邦・トルコ・ベラルーシ・オマーン・イラン・ロシア」最近、ミヤンマーも禁止する法案を提出してます。

注意
ですが、合法だからといって、VPNサービスを使って違法行為をすることは当然ながら「違法・犯罪」になるので、勘違いしてはいけません。

 

できれば無料のVPNサービスを使いたい?「危険性はあるのか」

 

無料のVPNサービスを使いたい。「どんなリスクがあるのか知りたい」

無料VPNは有料VPNと比較すれば大きな違いがあります。以下の通り▼

  • 有料と比べると無料は暗号化のセキュリティーが脆弱
  • 有料VPNは通信速度が速くて安定している
  • 無料VPNはノーログポリシーを保証しているサービスが少ない
  • 無料VPNは個人情報漏えいの危険性がある

セキュリティー・通信速度から有料VPN、無料VPNを使う場合は注意が必要

 

VPNサービスの決済方法は

 

決済方法を知りたい?

クレジットカード・PayPal・Google Pay・Amazon Pay・Apple Pay・UnionPay・暗号資産

 

サービス利用料金を暗号資産で支払いうこともサービス会社によってはできます。

 

 

まとめ

 
VPNサービスを利用するメリット・デメリット

メリットは、比較的安価に利用でき、通信情報を暗号化するこでハッカーにハッキングされるリスクを下げることができます。
デメリットは、利用料金がかかるり、通信速度が遅くなることがある。


暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引で使うVPNサービスの選ぶポイント

通信速度・セキュリティー体制・価格や返金保証や決済・サーバー設置数・同時接続可能台数で自分にあったサービスを選ぶ。


Twitterの口コミを確認しました


おすすめのVPNサービス5選

実際に使ってみて、一番のおすすめはNordVPNです。次にMillen VPN最後にスイカVPNになります。
他に2つサービスを紹介しました。ご自身の使い方で選択するといいでしょう。


VPNサービスが役立つ利用方法

外出先でのフリーWiFiを使う時は必須です。日本でアクセスできないWebサイトや動画サイトや海外取引所などに利用できます。


VPN使用に関するQ&A

VPNサービスは合法です、決済方法も数多く用意されています。


 

暗号資産(仮想通貨)「NFT・DeFi」取引はハッキングのリスクが伴います、セキュリティーを強固にし、大切な資産を盗まれないよに対策をしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。