" />

バーチャルから現実へAIタレントとは! 【AIタレントの作り方】

この記事には広告を含む場合があります。

最近、AIタレントという新しい技術が私たちの日常生活に少しずつ姿を現し始めています。伊藤園の「お〜いお茶」のCMにAIタレントが出演し、注目を集めました。

AI modeという企業が、自社開発のAIタレントが採用されたことを、10月3日に発表しました。

出典元:伊藤園

AIがこれほどまでに進化しているのは驚きですね!人間と区別がつかないレベルです。

広告に有名人を起用する企業にとっては、その有名人のスキャンダルは大きな問題ですが、AIタレントならそういった心配は不要ですね。

伊藤園はいち早くAIタレントと器用したことで、話題になり、宣伝効果は抜群でした。

この記事では、そのAIタレントとは一体何なのか、どうやって作られているのかをじっくりと探求してみましょう。また、なぜAIタレントがこんなにも注目されているのかについても、解説します。

最近、話題のAIタレントについて知りたい? AIタレントの作り方を知りたい?

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、自らを「サラリーマン暗号資産オタク」と称しています。2016年から暗号資産(仮想通貨)に取り組んでおり、最近ではAIにも興味を持っています。AIや暗号資産に関するブログ記事を書いており、毎月数万円の収益を上げています。

AIタレントの基礎知識

AIタレントは、まるでデジタルの魔法で生み出されたキャラクターですね。人工知能の技術を使って、私たちの目の前で躍動しています。まだ歴史は浅いですが、すごいスピードで成長していて、今では色々な場面で活躍しています。

この章では、そんなAIタレントの基本から、今のトレンドまでを解説します。

AIタレントとは何?

出典元:SeaArt AI(シーアートAI)

AIタレントとは、人工知能(AI)を使って作られた画像や音声を持つキャラクターのことです。これらのキャラクターは、実在する人間のような声や性格を備えており、モデルやアイドルのように活動します。

特に、ソーシャルメディアやYouTubeでは、AIで作られたこれらのモデルやキャラクターが人気を集めている傾向があります。

また、AIタレントのメリットとデメリットの両方に焦点を当てて議論が行われています。

AIタレント市場の概要

最近の画像生成AIは大きく進歩しており、AIによって作られた女性の写真集が出版されるほどです。これにより、静止画ではAIと実際の人間の区別が難しくなっています。

近い将来、動画分野でもAIタレントが人間と同等かそれ以上の品質を持つようになると予想されます。AIタレントは不倫や薬物の問題を起こさないため、コスト面やリスク管理の面で優れています。

このため、企業が人間ではなくAIタレントと契約するメリットが高まってきています。

上記のグラフは、2023年から2028年にかけての日本のAIタレント市場の規模の予測を示しています。2023年の市場規模は約4.07億ドル、2028年には約28億ドルへと大幅に成長すると予測されています。

このトレンドは、日本におけるAIタレントの市場が急速に成長し、将来的に大きな可能性を秘めていることを示しています。

AIタレントのメリットとデメリット

AIタレントの活用は、その多様性と効率性で注目されていますが、一方で倫理的な懸念も生じています。以下にその特徴を簡潔にまとめます。

AIタレントのメリット

  • 言語の多様性:複数の言語で対応可能で、国際的な活用が見込めます。
  • リスクの低減:人間のタレントに比べ、スキャンダルや不祥事の可能性が低い。「ほぼゼロ」
  • コスト効率:継続的な人件費などの経済的な負担が少ない。
  • 稼働の柔軟性:24時間365日の稼働が可能で、労働の制約が少ない。

AIタレントの導入は、24時間活動可能な無限の可能性と、長期にわたる低コスト運用によるコスト効率の向上というメリットがあります。

AIタレントのデメリット

  • 倫理的問題:偏見を含む学習データによる不適切な発言のリスクがあります。
  • 創造性の欠如:人間のような独創的な創造力や感情表現は期待できません。
  • 雇用への影響:人間の仕事を置き換えることによる失業問題が懸念されます。
  • 権利関連の問題:著作権やプライバシー、イメージ権に関する問題が生じる可能性があります。

AIタレントの導入には、慎重な考慮が求められます。特にエンターテイメント業界においては、技術的なメリットと倫理的な問題をバランスよく考えることが大切です。

AIタレントの作成プロセス

AIタレントを作成する際には、特定の技術とツールが必要です。まず、キャラクターを作成するためのツールを選ぶことが重要です。そのため、以下におすすめのサービスを紹介します。

AI画像生成サービスでAIタレントを作る

SNSで話題のAIグラビアを紹介します。

以下の3つのサービスを使ってAIグラビアが作ることができます。

  • SeaArt AI
  • PIX.AI
  • Stable Diffusion

SeaArtAI(シーアートAI)

出典元:SeaArt(シーアート)

「SeaArt AI(シーアート)」は、アカウント登録さえすれば、誰でも簡単に画像を作成できるAIベースの画像生成サービスです。このサービスは、多様な機能を提供し、高解像度の画像生成を可能にします。

さらに、ウェブサイトや指示用のプロンプトが日本語で利用できるため、操作が直感的で分かりやすいのが特徴です。

「SeaArt AI(シーアートAI)」というサービスについてウェブで情報を検索した結果、多くのサイトがそのリスクについて言及しています。

特に懸念されている点は、運営企業が不透明であること、退会やアカウントの連携解除が困難であるというユーザーからの報告です。また、個人情報の安全に懸念を持つユーザーは、代替のメールアドレスを使用するなどの対策を取ることを紹介されてました。

このウェブサイトは、中国語の使用から推測して中国に拠点を置く可能性があります。そのため、このサイトを利用する際は自己責任で行ってください。

SeaArt AI おすすめポイント
  • 無料で利用可能:無料ユーザーでも毎日150枚の画像を生成可能
  • 高画質画像の生成:無料でありながら、高画質な画像の生成が得意
  • 日本語のプロンプトに対応:日本のユーザーにとって特に便利
  • 商用利用が可能:画像は商用利用も可能(モデルによる)
  • 初心者にも使いやすい:使いやすさから初心者にも高く評価されています

SeaArt AI(シーアート)はこちら

PIXAI.Art

出典元:PixAI.Art

「PixAI.Art 」は、無料で使える画像生成AIツールとして高い評価を受けています。このサービスは著作権フリーで商標使用も可能なため、多くのユーザーから支持されています。利用者は毎日ポイントを受け取り、それを使って約7枚の画像を生成することができます。

画像作成にはクレジットシステムが用いられており、このクレジットを使って画像が生成されます。

毎日、ユーザーのアカウントページにログインすることで、10,000クレジットを受け取ることができます。(2023年11月時点の情報です)

使用するモデルの種類、解像度の高さ、そして生成速度によってクレジットの消費量が変動します。特に高性能な最新モデルを選択した場合、800から2000クレジットを一回の生成に使用するため、一日に最大5枚の画像を作成できます。

もし追加のクレジットが必要な場合は、別途料金を支払うことでクレジットを購入することが可能です

PixAI.Art おすすめポイント
  • プラットフォームの多様性:PixAI.ArtはAndroidやiOSのアプリの他、Webブラウザからも操作が可能
  • 幅広い画像スタイル:アニメ風から実写風、成人向けまで、多様なスタイルの画像生成が可能
  • 無料での利用可能性: 無料で利用できます(モデルによる)
  • 毎日のクレジットシステム:ユーザーは毎日クレジットを、もらえる
  • プロンプト:プロンプトが公開されている

PixAI.Art はこちら

Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)

出典元:Stable Diffusion

AIを使ったグラビア画像生成では、よく知られているStable Diffusion(ステーブルディフュージョン)があります。しかし、初心者にとっては使いこなすのが難しいかもしれません。

Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)を利用する方法は主に2つあります。

Stable Diffusio(ステーブルディフュージョン)の利用方法について、Google Colaboratory(Google Colab)とローカルPC環境について解説します。

Google Colabは、ブラウザ経由でPythonコードを記述・実行できるGoogleのサービスです。PythonベースのStable Diffusionも、この環境で利用可能です。

利用方法、メリット、デメリットを表でまとめました。

環境利用方法メリットデメリット
Google ColaboratoryGitHubからノートブックを取得して実行ハイスペックPC不要、無料/有料プランでGPU利用可能利用者増加による制限、有料プランには月額費用あり
ローカルPCPython、git、Stable Diffusionをインストール完全無料、枚数/プロンプト制限なし、機能追加可能環境構築に手間がかかる、低スペックPCでは動作しない

初心者にはハードルが高い!そこで、Webアプリで使用することもできます。シーアートもこれにあたります。

以下はおすすめの3選です。

始めは無料で使えるアプリで試してみることをおすすめします。

Stable Diffusion おすすめポイント
  • リアルな画像をすぐに作れる:あらゆるテキストからリアルな画像を瞬時に作成できる
  • 短い説明でも詳細な画像が生成可能:短い文章でも、詳細で美しい画像を生成することができる
  • 高い効率性:他の同様のツールと比べて、処理能力が少なくても高性能
  • 画像編集が簡単に:低品質の画像を高品質に変えたり、特定の部分を強調したりできます
  • 時間と労力の節約:手動での編集よりもずっと速く、簡単に作業ができます
  • 多様な応用可能性::テキストから画像を作るだけでなく、さまざまな方法で応用が可能

Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)はこちら

これらの特徴により、Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)は画像作成や編集において非常に役立つツールとなっています。

マーケティングとブランディング

AIタレントが成功を収めるためには、効果的なマーケティング戦略と魅力的なブランドイメージの構築が重要です。この章では、AIタレントを市場に魅力的に紹介し、そのブランドを確立するためのヒントやコツをご紹介します

AIタレントが市場で活躍するには!

新しいマーケティングの手法として、AIタレントがインフルエンサーになることが考えられます。これは、まるで友達がおすすめの商品を紹介してくれるように、AIが実際の商品を評価し、その魅力を私たちに伝える役割を担うことを意味しています。

これは大手企業が従来行ってきた、芸能人を活用したタレントマーケティングに頼ることを減らし、AIインフルエンサーを採用することで、親近感と魅力を生み出し、マーケティングが大きく変化することになります。

また、AIタレントを市場に紹介する際は、ターゲットオーディエンスの特定、魅力的なデジタルコンテンツの制作、ソーシャルメディアキャンペーン、インフルエンサーとのコラボレーション、そしてフィードバックに基づいた戦略の調整を重視することが重要です。

AIタレントのブランドイメージ構築と維持

AIタレントの成功には、魅力的なブランドイメージの構築と維持が不可欠です。この章では、AIタレントのブランドイメージを効果的に築き上げ、維持するための戦略を探ります。

  • ユニークなキャラクタ設定:AIタレント独自のパーソナリティとスタイルで差別化
  • バックストーリー:豊かなバックストーリーで、AIタレントはファンに、より共感を呼びます
  • コンテンツの一貫性:明確なブランドメッセージを持ち、一貫したコンテンツを提供
  • ファンとの交流:インタラクティブな体験とフィードバックを活用
  • 多角的なマーケティング:様々なメディアを利用し、ブランド認知度を高める
  • 市場動向の監視と調整:常に市場の変化に対応し、必要に応じて戦略を調整

これらの戦略により、AIタレントは持続可能なブランドイメージを構築し、長期的な成功を目指します。

法的および倫理的考慮事項

この章では、AIタレントの開発に関わる法的および倫理的な問題について探究します。特に、著作権や知的財産権などの法的な観点と、それに加えて、ユーザーのプライバシーを守ることの重要性に注目します。これらの側面はAIタレントの開発において重要であり、慎重に考慮されるべきです。

著作権と知的財産権

文章やイラストなどのコンテンツをAIが生成することが可能になり、これらAI生成物の著作権については、まだ十分な法的議論がなされていません。

基本的に、AIが自動的に作成した生成物には著作権は発生しません。しかし、創作過程において人の創作意図や創作的寄与がある場合、その生成物は著作物として認められる可能性があります。

この場合、創作に関与した人が著作権を持つことになります。

例えば、プロンプトの入力など、AIによる生成にある程度の工夫や創作的な関与があった場合、生成された作品に著作物性が認められることがあります。また、情報解析のための利用など、特定の条件下では、著作権者の許諾なくAIを利用して著作物を生成することが許されています。

しかしながら、AI生成物を私的に利用する場合でも、SNSなどにアップロードする行為は著作権侵害になり得ます。これは、公衆送信権の侵害に当たるため、注意が必要です。

AIによる創作物の著作権は、今後の法的議論と共に発展していく分野です。この新しい時代において、創作者や利用者は、著作権の範囲と条件を理解し、適切に対応することが重要になります。

詳しくは、以下の文化庁のAIと著作権で確認してください。

文化庁「AI著作権」

AIタレントに関連する独自の技術やブランド名は、特許や商標で保護可能であり、これらの技術やキャラクターを他者に提供する場合は、適切なライセンス契約を結ぶことで法的保護を強化できます。

特許庁の知的財産制度の在り方を参考にしてください。

特許庁「知財活用促進に向けた知的財産制度の在り方〜とりまとめ〜」

AIタレントの未来と可能性

AIタレントの進化は、エンターテイメントの未来を大きく変える可能性を秘めています。以下の要点で、その将来像と潜在的な影響を探ります。

  • エンターテイメントの多様化:AIタレントは、音楽から映画、教育まで幅広い分野で活躍するようになります
  • 技術革新:自然な対話と感情認識能力の向上により、AIタレントとのインタラクションはよりリアルになります
  • 新しい文化の形成:AIタレントは新たなファン文化を生み出し、社会的な影響を及ぼすでしょう
  • 倫理的な対応の必要性:法的、倫理的な課題への対応が、AIタレントの普及に伴い重要になります
  • ビジネスモデルの革新:カスタマイズされたエンターテイメントやクロスメディア展開によって、新しいビジネスチャンスが生まれます

AIタレントの未来は、ただの技術的進歩を超え、私たちの生活、文化、産業に新たな息吹をもたらすことでしょう。

まとめ

AIタレントがエンターテインメント業界に新しい風を吹き込む日が近づいています。AIタレントの魅力的な未来と、クリエイティブな使い方を探求していきましょう。

この記事は以下の内容を解説しました。

  • AIタレントの基礎知識
  • AIのメリットとデメリット
  • AIタレントの作成プロセス
  • AIのマーケティングとブランディング
  • 法的および倫理的考慮事項
  • AIタレントの未来

AIタレントがエンターテインメント業界に新しい風を吹き込む日が近づいています。この記事で、AIタレントの魅力的な未来と、クリエイティブな使い方を一緒に見ていきましょう。その可能性を探ることで、私たちの業界がどれだけ豊かになるかを感じていただけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です