" />

ChatGPTを使って効率的なパワーポイントの資料を作成する3つの方法を解説【SlidesGPT】が最強!

この記事には広告を含む場合があります。

パワーポイント作成、大変ですよね? 時間も労力もかかりますし、なかなか思うように進まないことが多いですよね!

例えば…

あなたが、ある企画のプロジェクトリーダーで、新しいプロジェクトの提案を行うためのパワーポイントの作成を任されました。

しかし、他の業務もたくさんあるため、パワーポイントの作成に時間を十分に取ることができません。そのため、効率的で高品質なプレゼンテーションを作成する手助けがあると、とても助かると思いませんか?

そんなあなたの悩みをChatGPTが解決するんです。

ChatGPTは、あなたが描くビジョンを、あっという間にパワーポイントのスライドに変えてくれる魔法のようなツールなんです。

これはただのツールではなく、あなたの創造力を引き出し、最大限に活かすパートナーです。テーマを一つ決めて入力するだけで、あなただけのオリジナルプレゼンテーションが生まれるんです。

これこそが、新しい時代のパワーポイント作成。あなたもChatGPTと一緒に、新しいパワーポイントの世界を体験してください。

  • PowerPoint作成に時間がかかりすぎる!
  • AIの力を借りて、効率的に資料を作りたい
  • 短時間で、クオリティーの高いプレゼン資料を作りたい
  • ライバルに差をつけてキャリヤアップにつなげたい

このような悩みを解決します。

この記事をかいている私は自称「サラリーマン仮想通貨オタク」で2016年から暗号資産(仮想通貨)をやってます。最新テクノロジーオタクでもあります。今はAIにはまってます。

AIの進化はまさに、インターネットが登場したときのような画期的な瞬間です。

私たちは今、Googleを日常の一部として気軽に使っていますが、これはかつてインターネットが新しいものであった時期にそれを理解し活用した人々が多くのビジネスチャンスを手に入れました。

数年後には、AIも同様に生活の一部となり、その使用は日常的になるでしょう。

なので、他人に差をつけ、これからの変化を先取りするために、AIのことを、今すぐ学び始めましょう。AIを理解することで、大きな可能性が広がっています。

今後、AI関連はまがいなく、ビジネス・投資・教育・日頃の生活で使うようになるので、今のうちから触れておきましょう!

ChatGPTとパワポのコラボ【新しい資料作りの時代へ】

ChatGPTとパワーポイントのコラボで、プロなプレゼンを作成しよう!ChatGPTがアイデアを明確かつ魅力的に表現し、時間と労力を節約して効果的なプレゼンを作成できるので、試してみよう!

ChatGPTを活用したプレゼンテーション作成の簡単な手法

ChatGPTを用いて、PowerPointのプレゼンテーション資料を効率よく作成する方法をいくつかご紹介します。

主な方法は3つ!

  1. 「SlidesGPT」を活用したスライド作成(スライド作成サービス)
  2. ChatGPTとStableDiffusionを使ったパワポ作成
  3. ChatGPTにMarpを前提としたMarkdown記法で出力

それぞれの特徴について簡単に解説します。

1:「SlidesGPT」を活用したスライド作成

SlidesGPTは、ChatGPTを用いたスライド作成サービスです。ユーザーがプレゼンテーションの主題や内容をChatGPTに提供すると、ChatGPTはその情報を元にスライドの内容を生成します。

生成された内容はテキストだけでなく、時には適切なビジュアルエレメントやレイアウトの提案も含むことがあります。

これにより、スライド作成の手間を省き、効率的にプレゼンテーションを作成することができます。

2:ChatGPTとStableDiffusionを使ったパワポ作成

この手法では、ChatGPTとStableDiffusionという二つのAI技術を組み合わせてプレゼン資料を作成します。ChatGPTはテキスト生成のために使用され、StableDiffusionはビジュアルコンテンツの生成に使用されます。

ユーザーはプレゼンテーションの主題や内容を入力し、ChatGPTはそれに基づいてテキストを生成します。一方、StableDiffusionはそれらのテキストに基づいて関連するビジュアルコンテンツを生成します。

これにより、テキストとビジュアルが統合された効果的なプレゼンテーションが作成されます。

3:ChatGPTにMarpを前提としたMarkdown記法で出力

ChatGPTは、MarpというMarkdownベースのプレゼンテーションツール向けの出力も生成可能です。

ユーザーがプレゼンテーションの主題や内容をChatGPTに提供すると、それに基づいてMarp用のMarkdown記法でテキストを生成します。

その生成されたMarkdownテキストをMarpにペーストするだけで、自動的にスライドに変換されます。

これにより、Markdownの知識がなくても、ChatGPTの出力をペーストするだけで簡単にプレゼンテーションを作成できます。

これらの手法は、AIの力を活用して効率的にプレゼンテーションを作成するものです。それぞれの手法が最適な状況は異なりますが、全てがプレゼンテーション作成の時間と労力を大幅に削減することを目指しています。

「SlidesGPT」を活用したスライド作成サービスは、その手軽さから特におすすめです

他の2つの方法は初心者にとっては、少しハードルが高いかもしれませね…

ChatGPTのすごさ!AIが進化し、プレゼン作りも変わる

ChatGPTは特殊な人工知能(AI)で、自然な文章生成に優れた能力を持っています。これは、大量のテキストデータから学習を行い、その結果、人間と同様の文章を作成することが可能になっています。

そしてこの技術は、パワーポイントのスライド作成にも応用されています。

特に注目すべきは、「SlidesGPT」というプレゼンテーション制作サービスです。

このサービスはAIの力を最大限に活用し、視覚的に魅力的で、かつ内容の充実したプレゼンテーションを短時間で作成することが可能なツールとなっています。

SlidesGPTを用いることで、手間と時間を大幅に削減しながらも、高品質なプレゼンテーションを短時間で制作することが可能となります

【SlidesGPTとは何か】短時間で高品質なスライド資料ができる

プレゼン資料を短時間で作れて、一定の品質のコンテンツが作成可能な「SlidesGPT」を、詳しく深堀りして解説します。

SlidesGPTの特徴

SlidesGPTの最大の特徴は、AIが自動的にスライドを作成してくれる点です。

ユーザーはプレゼンテーションのテーマや主要なポイントを入力するだけで、SlidesGPTはそれに基づいてスライドのレイアウトを設計し、適切なテキストやビジュアルを生成します。

また、SlidesGPTは、ユーザーが指定したテーマに関連する情報を自動的に検索し、それをスライドに組み込むことも可能です。

これにより、ユーザーは自分で情報を探す時間を大幅に節約できます。

SlidesGPTの基本的な使い方

SlidesGPTの使い方はとても簡単です。

まず、トップページのウィンドウに「〇〇についてのスライドを作ってほしい」と入力します。その後は、SlidesGPTが自動でスライドを作成するのを待つだけです。

生成されたスライドは、そのまま使用することも、必要に応じて手動で編集することも可能です。

完成したスライドは、パワーポイント、グーグルスライド、PDFなどの形式でダウンロードできます。

詳しくは、このあと解説します。

SlidesGPTでの注意点

SlidesGPTは非常に便利なツールですが、完全にAIに依存するのではなく、自分の目で確認し、必要な調整を行うことが重要です。

AIはあくまでツールであり、最終的な品質はユーザー自身の判断に委ねられています。

また、SlidesGPTは英語に最適化されています。

そのため、他の言語でスライドを作成する場合は、一部の機能が正しく動作しない可能性があります。

SlidesGPTのメリットとデメリット

メリットとしては、SlideGPTを使うと、時間をかけずに高品質なプレゼンテーションを作ることができます。

また、自動でリサーチを行い、スライドにまとめてくれるので、情報収集やスライド作成の手間を省くことができます。

使用されている画像は、商用利用ができるようですが、引用元の確認はしておきましょう。

一方、デメリットとしては、AIが自動でスライドを作成するため、ユーザーの細かいニーズや好みを完全に反映することは難しいかもしれません。

また、AIが生成する内容が常に正確であるとは限らないため、重要なプレゼンテーションでは自分で内容を確認し、必要に応じて修正することが必要です。

【SlidesGPT】の始め方・使い方

SlidesGPTを始める前に仕様を理解しておきましょう。

SlidesGPTの仕様

スライドの作成にはメールアドレスの登録は必要なく、無料で行うことができます。ただし、ダウンロードには費用がかかります。サブスクリプション方式ではなく、ダウンロードする毎に料金が発生します。ダウンロード形式は「PowerPoint」「Google slides」「PDF」などから選べます。

ダウンロードする際の料金は一回あたり2.5ドルです。

始めに「SlidesGPT」の公式サイトにアクセスます。公式サイトはこちらからどうぞ ▶ SlidesGPT

プレゼン資料を作ってみる

SlidesGPTの公式サイトにアクセス

SlidesGPT公式サイトをクリックする。 SlidesGPT公式サイト

サイトが英語なので、日本語に翻訳するとよりわかりやすくなりますので、翻訳します。

英語の方が内容が詳しく抽出される傾向にあります。なので、使い分けしてください。

作成するスライドのプロンプトを入力

使い方は簡単です。作成したいスライドのプロンプト「指示」をボックスに入力して「デッキを作成します」をクリックします。

今回、スライドを作成するプロンプト▼

ChatGPTとWeb3.0を組み合わせたビジネスを日本語でスライド作成してください。

スライド作成中

ラットがひたすら回転する様は、AIが無機質にプロンプトを実行しているイメージですね。

スライドの完成

待つこと、3分くらい。

あっという間に品質の高いプレゼン資料ができました。

始めに警告が表示されます。ChatGPTが作った資料が正確かは、ご自身で確認して自己責任で使ってということです。

次に、できあがったスライドを確認してみましょう!

できあがったプレゼン資料を確認する

10枚のスライドが出来上がったので確認します。

「スライド両端の三角ボタンでスライドが進みます」

PowerPointのプレゼンテーション資料が、作って欲しい情報を指示するだけで、高品質なスライドとして形成されました。

また関連するイメージ画像も付属しており、その品質は非常に優れています。

このスライドを基本として、欠けている情報を追加し、最終的に洗練されたものへと仕上げることが可能です。これにより、作業時間が大幅に短縮され、生産性が向上します。

あくまでも、プレゼン資料の下書きとして、使うことをオススメします。

ゼロからスライドを作成するのではなく、部分的には未完成ですが、基礎部分が用意されているものを改善するのは、作業時間において大きな差を生み出します。

これこそがAIを用いる利点なのでしょう。

スライドをダウンロードする

ダウンロードする

「ダウンロード」をクリックする。

スライドを購入する

2.5ドルの支払いに同意したら、ダウンロード形式を選択し「買う」をクリックしてください。

PowerPoint形式でダウンロードすることにより、後から編集が可能になります。これによって、質の高いスライドを作り上げることができ、結果的に作業時間を短縮し、生産性を向上させることが可能となります。

まとめ

プレゼンテーション作成のための3つのAI技術、すなわち、SlidesGPT、ChatGPTとStableDiffusionの組み合わせ、そしてChatGPTとMarpの組み合わせがあります。SlidesGPTはあなたのテーマに基づきスライドを自動生成します。

一方、ChatGPTとStableDiffusionはテキストとビジュアルコンテンツを組み合わせ、効果的なプレゼンテーションを作り上げます。

さらに、ChatGPTとMarpの組み合わせはMarkdown形式の出力を生み出し、これをMarpで開くだけでプレゼンテーションが完成します。これらの中で、SlidesGPTの使用が特に推奨されています。

SlidesGPTは、OpenAIの技術を基に開発され、ユーザーが短時間で効率的なプレゼンテーションを作ることを支援します。あなたはテーマと要点を入力し、AIがスライドのレイアウトを設計し、関連情報を自動収集・組み込むことで、時間節約が可能です。

ただし、AIの結果をそのまま信頼せず、自分で内容を確認・調整することが必要です。また、SlidesGPTは主に英語に最適化されており、他の言語では一部制限があります。

スライドの作成は無料ですが、ダウンロードは1回2.5ドルで、ダウンロードしたスライドは後から編集が可能です。

忙しい、ビジネスマンには利用する価値ありですね。

他にChatGPT関連のオススメ記事はこちらからどうぞ▼▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です