" />

ChatGPT登録のリスク解析【本名でOKなのか?】

この記事には広告を含む場合があります。

【OpenAI】本名でアカウント登録する必要性は?

ChatGPTをニックネームで使っている人もいますが、ChatGPTの利用規約には、アカウント名を正確に入力するよう指示されています。

OpenAIの利用規約を確認「日本語に翻訳」

登録とアクセス

サービスを使用するには、13 歳以上である必要があります。あなたが 18 歳未満の場合、サービスを使用するには親または法定後見人の許可が必要です。別の個人または団体に代わって本サービスを使用する場合、その人に代わって本規約に同意する権限が必要です。アカウントに登録するには、正確かつ完全な情報を提供する必要があります。あなたは、自分のアクセス資格情報やアカウントを組織外の他者が利用できるようにすることはできません。また、自分の資格情報を使用して発生するすべてのアクティビティについては、あなたが責任を負います。

OpenAI利用規約

本名での登録はプライバシーを重視する場合は他の名前も使用可能です。しかし、その選択には各自で責任を持つ必要があります。

先々のことを考えれば、アカウントは本名での登録をおすすめします。

本名で登録するメリット

本名でChatGPTに登録する主なメリットは、課税や法的な問題に対する対応がスムーズになる点です。

OpenAIの利用規約によれば、税務上の供給地としてアカウント登録にある名前と住所を使用すると明記されています。これは、多くの国や自治体が同様の税法を採用しているため、法的なトラブルを避ける上で有用です。

例えば、有料プランに登録している場合、課税が発生する可能性があります。この際、本名で登録していると、税務処理がスムーズに行えるでしょう。

本名での登録をおすすめします。

OpenAIの税金の利用規約「日本語に翻訳」

税金

特に明記されていない限り、料金には連邦税、州税、地方税、外国税、関税、およびその他の同様の賦課額(「税金」)は含まれません。お客様は、当社の純利益に基づく税金を除く、ご購入に関連するすべての税金に対して責任を負い、当社はかかる税金をお客様に請求する場合があります。お客様は、かかる税金を適時に支払い、支払いを示す文書、または当社が合理的に要求する追加の証拠を当社に提供することに同意します。OpenAI は、アカウント登録の名前と住所を税務上の供給場所として使用するため、この情報を正確かつ最新の状態に保つ必要があります。

OpenAI利用規約

本名で登録するデメリット

本名でChatGPTに登録するデメリットは、プライバシーのリスクが高まる可能性がある点です。

OpenAIはプライバシー保護に力を入れていますが、インターネット上での情報漏洩リスクはゼロではありません。「それは、OpenAIに限らず、全てのサービスに共通するリスクです」

OpenAIが運営するChatGPTがサイバー攻撃から完全に安全であるとは限らないため、自己防衛の一環としてニックネームを使用する選択肢もあります。

OpenAIの機密保持、セキュリティおよびデータ保護「日本語に翻訳」

機密保持、セキュリティおよびデータ保護

機密保持。OpenAI、その関連会社、およびその他の第三者の機密情報へのアクセスが許可される場合があります。お客様は、本規約で許可されているサービスを使用するために必要な場合にのみ、機密情報を使用することができます。お客様は機密情報を第三者に開示してはならず、同様の性質の自分の機密情報を保護するのと同じ方法で、少なくとも合理的な注意を払って機密情報を保護するものとします。機密情報とは、ソフトウェア、仕様、その他の非公開のビジネス情報など、OpenAI またはその関連会社または第三者が機密として指定した、または状況下で合理的に機密とみなされるべき非公開情報を意味します。機密情報には、次のような情報は含まれません。(i) お客様の過失なく一般に公開されている、または一般公開されるようになります。(ii) 本規約に基づいて受け取った時点で、機密保持義務を負わずにすでに所有しているもの。(iii) 機密保持義務を負うことなく、第三者によって正当に開示される。または (iv) 機密情報を使用せずに独自に開発したもの。OpenAI に合理的な事前の書面通知を送り、開示要件への異議申し立てに対する当社の支援を含む開示範囲を制限するための合理的な努力を行う場合、法律または裁判所またはその他の政府機関の有効な命令によって要求された場合、お客様は機密情報を開示することができます。可能な場合はそれぞれの場合。

セキュリティ。お客様は、サービスへのアクセスおよびサービスの使用を保護するために設計された合理的かつ適切な措置を講じる必要があります。本サービスの使用に関連する脆弱性または違反を発見した場合は、直ちに OpenAI に連絡し、脆弱性または違反の詳細を提供する必要があります。

個人データの処理。個人データを処理するためにサービスを使用する場合は、法的に適切なプライバシー通知を提供し、かかるデータの処理に必要な同意を得る必要があり、適用法に従ってかかるデータを処理していることを当社に対して表明する必要があります。GDPR で定義されている「個人データ」、または CCPA で定義されている「個人情報」の処理に OpenAI API を使用する場合は、このフォームに記入してデータ処理追加条項の履行をリクエストしてください。

OpenAI利用規約

OpenAIの規約をしっかり把握しましょう。ニックネームでの登録も可能ですが、将来的に制限が課されるかもしれません。その点を考慮して、自分自身で責任を持って登録を行ってください。

OpenAIに登録なしでChatGPTを使う方法

マイクロソフトの提供する【Bing AI】

ChatGPTはAIチャットの分野でよく知られていますが、その背後にはOpenAIとマイクロソフトの協力関係があります。この連携により、Bing AIでもChatGPTと同様のGPT-4という言語モデルが採用されています。

Bing AIを活用する際には、マイクロソフトのアカウントが必須です。安全性に優れたマイクロソフトプラットフォームを信頼している方は、ChatGPTと同等の機能をこちらで利用可能です。

GPT-4が無料で使えることはメリット。ChatGPTでは有料課金が必要です!

なので、OpenAIに登録したくない!そんな方にはBing AIを使用するといいでしょう。

perplexity.AI(パープレキシティ)

出典:パープレキシティ

Perplexity.AIは、日本語をはじめとする多言語に対応した対話型AI検索エンジンです。ChatGPTの新しい代替として注目を集めており、その特長としては、「GPT-3.5」「GPT-4」のAPIを用いていて、ウェブサイトから検索した最新の情報を回答します。

ウェブサイトから最新の情報を検索して正確な回答を提供するため、誤った回答が少ないので、この点では、ChatGPTよりも優れていますね…

さらに、このサービスは完全無料で、使い方も非常に簡単です。インターネットがあれば、AIがユーザーの検索内容に応じて結果を表示してくれます。

また、Googleの検索のように、ブラウザから簡単に使うことができます。なので、個人情報の登録は不要です。「有料版などは登録が必要」

Googleと同じような感覚で、お手軽に使用できます…

perplexity.AI(パープレキシティ)公式サイト

まとめ【本名で登録するかどうかの総合的な判断】

ChatGPTのアカウント登録において、課税や法的な側面を考慮すると、本名での登録が推奨されます。

理由として…

  • 法的側面: OpenAIの利用規約によれば、課税が発生する場合は登録した氏名や住所を使用するため、本名での登録が求められている
  • 信頼性: OpenAIはAI技術の開発で高い評価を受けており、プライバシーポリシーも透明性を重視しています。これにより、本名での登録によるリスクは比較的低いとされています。

結論として…

総合的に見て、ChatGPTでの本名登録は、特に有料プランを利用する場合や法的な側面を考慮すると、推奨される選択肢と言えるでしょう。ただし、ニックネームやイニシャルでも登録は可能です。その選択は、個々のニーズやリスク許容度に応じ自己責任で行ってください。

どうしても、個人情報の登録が不安な方は前章で紹介した「Bing AI」「perplexity.AI」を使用するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です