【初心者向け】国内の仮想通貨取引所を比較!おすすめ取引所ランキング5社

ビットコインを買いたいけど、どうやって購入すればいいのか?

 

仮想通貨(暗号資産)取引所はたくさんあるが、初心者が使いやすいのはどこ?

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事を書く私は仮想通貨オタクのサラリーマンです。

 

2016年の仮想通貨バブルの前に参入しました。当時、ビットコインは1BTCは10万くらいでした。2021年11月時点で1BTCは700万円を上下してます。

 

約5年で70倍です。

 

株式投資では、こんなことはありえないことです。仮想通貨(暗号資産)に投資するからこそ、ありえたことですね。

 

誤解をおそれずに言うと!仮想通貨(暗号資産)は怪しい! 今でも一般の人は怪しいと思っているでしょう。

 

だから、チャンスがあるといえます。 

 

今では社会に多少は認知されましたが、まだビットコインを持っている人はごく少数でしょう。今から参入してもチャンスありと思います。

 

そこで、これから参入される方に向けて、ビットコインを買うには取引所に口座を解説する必要があるので、初心者が使いやすいおすすめの取引所を紹介します。

結論:初心者が口座開設するのはこの5社でOK
  1. Coincheck(コインチェック)
  2. bitFlyer(ビットフライヤー)
  3. DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  4. GMOコイン
  5. bitbank(ビットバンク)

 

【初心者向け】おすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所5社の比較一覧表

銘柄数 17種類 13種類 12種類 15種類 11種類
取引手数料 無料 0.01〜0.15% 無料 Maker:-0.01%

Taker:0.05%

Maker:-0.02%

Taker:0.12%

販売手数料 無料 無料 無料 無料 無料
BTC最低購入額(販売所) 約500円 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.00005BTC 0.0001BTC
レバレッジ取引 非対応 2倍 2倍 2倍 非対応
おすすめの特徴ポイント アプリダウンロード数No.1 ビットコインの取引量が国内最大 コストの安さが魅力 GMOグループが運営している アルトコインの指値注文ができる
取引所の詳細 詳細を見る

公式サイトはこちら

詳細を見る

公式サイトはこちら

詳細を見る

公式サイトはこちら

詳細を見る

公式サイトはこちら

詳細を見る

公式サイトはこちら

 

取引所は複数口座を開設しておくことをおすすめします。

 

▼初心者の目線で使いやすさを基本にランキングしました。▼

第1位:Coincheck(コインチェック)〜アプリダウンロード数NO.1〜

 


画像引用元:Coincheck

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイントを解説します。

Coincheckのおすすめポイント

 

Coincheck(コインチェック)で取り扱っている通貨は以下の17種類になります。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

 

2021年11月時点では17種類で国内トップです。いろんな仮想通貨(暗号資産)の取引をしたいという人にはおすすめです。

 

スマホアプリのダウンロード数は415万ダウンロードを突破してます。

 

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリは以下の通り、非常に多くの機能を備えています。

 

  • 日本円の入金・出金
  • 販売所での売買
  • 取引所での売買「見つけにくいのが難点」
  • 仮想通貨の送金・受け取り
  • Coincheckつみたて
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • レンディング(貸仮想通貨)サービス「貸暗号資産ページにログインし登録が必要」

 

Coincheck(コインチェック)のアプリがあれば仮想通貨(暗号資産)投資はほとんど出来ます。ただし取引所「板取引き」を探すのが難点。

 

スマホでCoincheckの機能をほとんど利用できますので、ダウンロードし登録しておきましょう。

 

販売所・取引所手数料

取引手数料 無料

※販売所は購入価格と売却価格の差であるスプレッドはお客様負担です。

 

 

入出金手数料

銀行振込(日本円) 無料(振込手数料はお客様負担です)
コンビニ入金(入金額から手数料が差し引かれます) 3万円未満 770円
3万円〜30万円 1018円
クイック入金(入金額から手数料が差し引かれます) 3万円未満 770円
3万円〜50万円 1018円
50万円以上 入金額✕0.11%+495円
日本円出金 407円

 

仮想通貨(暗号資産)の入金手数料

通常 無料

 

仮想通貨(暗号資産)の送金手数料

BTC 0.0005 BTC
ETH 0.005 ETH
ETC 0.01 ETC
LSK 0.1 LSK
FCT 0.1 FCT
XRP 0.15 XRP
XEM 0.5 XEM
LTC 0.001 LTC
BCH 0.001 BCH
MONA 0.001 MONA
XLM 0.01 XLM
QTUM 0.01 QTUM
BAT 63.0 BAT
IOST 1.0 IOST
ENJ 30.0 ENJ
OMG 5.0 OMG
PLT 72.0 PLT
コインチェックユーザー間の送金手数料は無料です。

 

つみたて手数料

サービス利用手数料 無料

 

 

取引銘柄の扱い形式「有り:◯ なし:✕」で標記

 

銘柄 販売所 取引所 レバレッジ
BTC
ETH
ETC
LSK
FCT
XRP
XEM
LTC
BCH
MONA
XLM
QTUM
BAT
IOST
ENJ
OMG
PLT

 

Coincheck(コインチェック)はレバレッジ取引については、行われておりません。

 

  • お預かり金管理:お客様の預り金は経営資金と完全に分離して管理しており預かり金を会社運営に使われることない

 

  • SMS・デバイスによる2段階認証:セキュリティ認証の強化にSMSとGoogleの認証アプリ(Google Authenticator)による2段階承認で第三者からの不正アクセスを防止する

 

  • SSL暗号化通信:お客様との通信はSSL暗号化通信で第三者から盗み見ることはできまない

 

  • ログイン:お客様のパスワードの保管はハッシュ化されて保存されており、アカウントロックはログイン時、一定回数以上失敗した場合、不正アクサスを防止するため、アカウントを一時的にロックします。(30分は再ログインできない)

 

  • コールドウォレットでの資産管理システム:一定額を上回る資産はネットから遮断されたコールドウォレットに保管されているので、もしも不正アクサスを受けても影響うけない

 

2018年1月にハッキングされ、Coincheck(コインチェック)が保有していたXEM(ネム)約580億円が外部に流出しました。

 

その後に、東証一部上場企業「マネックスグループ」の完全子会社になりセキュリティ面で強化されました。

 

現在は金融庁から公式に認められた「暗号資産交換業者」の許可を受けています。

資本金:1億円

登録番号:暗号資産交換業者 関東財務局長 第00014号」

 

※引用元:Coincheck公式サイト

Coincheck(コインチェック)の口コミを紹介します。

 

Coincheck(コインチェック)の口コミ

 

 

 

アプリが使いやすいという口コミが多いですね。マネックスグループ傘下というで安心できるという声もありますね。

 

 

 

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(暗号資産)の年利5%が凄いという口コミも多いですね。

 

 

取引所での売買はスプレッド「手数料」が広めに設定されているので、短期トレードは向かないという口コミが多いですね。

 

 

2018年にハッキング事件の口コミが多く、現在はマネックスグループ傘下の子会社化されていので以前よりは安心できるという口コミもあります。

 

 

Coincheck(コインチェック)の評価

 

Coincheck(コインチェック)の評価
取扱通貨の種類
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
手数料/スプレッド
(3.5)
安全性
(4.5)
使っている人の多さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

結論:総合的にみて、初心者はCoincheck(コインチェック)が一番のおすすめです。

 

ダウンロード数がNO.1なので、多くのユーザーに使いやすいと認められていますし、現在は安全性も十分に担保されています。

 

問題点として、販売所のスプレッドが広めの設定が気になりますが、取引所を利用することで問題なしです。

 

Coincheck(コインチェック)の実体験からメリット・デメリットと口座開設方法を画像で解説した記事はこちら

Coincheck(コインチェック)の評判・口コミ・実体験からメリット・デメリットを検証してみた。「登録方法も画像で解説」

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)〜初心者でも利用しやすいことが特徴・サポートも万全〜

 

画像引用元:bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイントを解説します。

 

bitFlyerのおすすめポイント

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱っている通貨は以下の13種類になります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)

 

いつでもどこでもスマホアプリからシンプルな操作画面で初心者の方でもかんたんに使えます。

 

「販売所」と「取引所」の切り替えがとても簡単で、上級者向けツール「bitFlyer Lightning」もホーム画面からワンタップで切り替えができるのがいいですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリで、出来る機能は下記の通りになります。

 

  • 日本円の入金・出金
  • 販売所での売買
  • 取引所での売買
  • 仮想通貨(暗号資産)の送金・受け取り
  • レバレッジ取引
  • かんたん積立
  • ビットコイン決済
  • bitFlyer Lightning「本格的な仮想通貨取引」

 

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリは投資初心者が仮想通貨(暗号資産)を少額から積み立てられる「かんたん積立」から投資上級者向けの「bitFlyer Lightning」まで兼ね備えている万能アプリです。

 

仮想通貨(暗号資産)の運用するには必須ともいえるアプリです、この機会にダウンロードし登録しておきましょう。

 

 

販売所・簡単取引所・Lightning現物の手数料

販売所 簡単取引所 Lightning現物
取引手数料 無料 約定数量✕0.01〜0.15% 約定数量✕0.01〜0.2%(各アルトコインで異なる)

※販売所は購入価格と売却価格の差であるスプレッドはお客様負担です。

 

 

入出金手数料

ご入金

銀行振込(日本円) 無料
クイック入金(住信SBIネット銀行から) 無料
クイック入金(住信SBIネット銀行以外から) 330円

ご出金

3万円未満 3万円以上
三井住友銀行 220円 440円
三井住友銀行以外 550円 770円

 

仮想通貨(暗号資産)の送金手数料

ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(EHT) 0.005 ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
モナコイン(MONA) 無料
リスク(LSK) 0.1 LSK
リップル(XRP) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン(XLM) 無料
ネム(XEM) 3 XEM
テゾス(XTZ) 0.1 XTZ
ポルカドット(DOT) 0.1 DOT

 

Lightning FX/Futures(先物)

スワップポイント

建玉 スワップポイント
買建玉 (建玉金額の絶対値 × 0.04% /日)の合計(単位: 円)
売建玉 (建玉金額の絶対値 × 0.04% /日)の合計(単位: 円)

証拠金

証拠金率(個人のお客様)
50%(レバレッジ 2 倍の場合)~ 100%(レバレッジ 1 倍の場合)

 

積立手数料

 

サービス利用手数料 無料

 

取引銘柄の扱い形式「有り:◯ なし:✕」で標記

 

銘柄 販売所 簡単取引所 Lightning現物 LightningFX
BTC
EHT
ETC
LTC
BCH
MONA
LSK
XRP
BAT
XLM
XEM
XTZ
DOT

レバレッジは最大2倍です。

 

 

ネットワーク

  • 次世代暗号システム、最高強度の暗号化技術の導入による通信セキュリティー確保「SSL通信・デジサートのSSLサーバー証明書で最強強度のEVを採用・SHA-2の採用(米国政府が利用のハッシュ関数)・システム内部の通信もSSLを使用」
  • FW(ファイアウォール)による防御
  • WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)による不正アクサスの常時監視、負荷分散「検査機能:HTTP通信を検出パターンに基づいて検査・処理機能:HTTP通信に対する処理を実行・ログ機能:WAFの動作を記録
  • DNSサーバーIP Anycastの導入によるネットワーク負荷分散

 

ログイン

  • パスワード強度チェック
  • アカウントロック機能「一定回数以上正しくないパスワードを入力した場合」
  • 形態電話・デバイスによる2段階認証「SMS、メール、認証アプリによる」
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト

 

ビットコイン

  • マルチ・シグネチャ「高セキュリティーのウォレットを構築」
  • コールドウォレットに80%以上を保管

 

ウイルス・ハッキング対策

  • ウイルスチェックとハッキングテスト「定期的にセキュリティーの脆弱性のチェック」

 

資産の分別管理

  • 顧客資産の分別管理「お客様の資産とbitFlyerが保有する資産は明確に区分して管理」

 

基本的な対策の「2段階認証」「マルチシグネチャ」でとても強固なセキュリティー対策が実装されています。

 

資本金:41億238万円(資本準備金含む)

 

登録番号:【暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 3294 号】

引用元:bitFlyer公式サイト

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミを紹介します。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ

 

 

 

 

 

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価
取扱通貨の種類
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
手数料/スプレッド
(3.0)
安全性
(4.5)
使っている人の多さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)BTCの流通量がトップクラスでり、お客様から信頼されているからこその実績です。

 

スマホアプリは初心者でも簡単に操作できるので、アカウント登録完了後すぐに取引が可能ですし、積立サービスもあるので、長期投資も自動でできます。「初心者は積立が稼ぎやすい」

 

またbitFlyer Lightning「高度な売買ができるツール」があり、さまざまな市場分析ツールが備えられており、BTCFXやBTCの先物といった上級者向けのサービスもあるのが魅力です。

 

販売所のスプレッドがかなり広く設定されているのが問題点です。

 

仮想通貨の取引するには必須の取引所です。口座開設は無料ですので、この機会に登録しておきましょう。

 

第3位DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)〜アプリがシンプルで使いやすすく、多くのアルトコインを取引できる〜

 

画像引用元:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のおすすめのポイントを解説します。

 

DMM Bitcoinのおすすめポイント

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)で取り扱っている通貨は「現物取引」で6種類「レバレッジ取引」で12種類になります。

 

現物取引の銘柄 レバレッジ取引銘柄
ビットコイン(BTC) ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)
リップル(XRP) リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC) ライトコイン(LTC)
ステラ・ルーメン(XLM) ステラ・ルーメン(XLM)
イーサリアムクラシック(ETC)
ネム(XEM)
ベーシック アテンション トークン(BAT)
クアンタム(QTUM)
オーエムジー(OMG)
モナコイン(MONA)

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)では取引所の取扱いはありませんが、BitMatch注文という機能があり、販売所で売買するのと同じレベルで取引所のようなスプレッドを抑えた売買を実現させています。

また、レバレッジを効かせた取引が可能です。

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のアプリは高機能ですが、初心者には少しわかりにくいかもしれません。

 

レバレッジ取引に注力していることから、上級者向けでBitMatch注文を使えば、初心者でも十分に使えます。

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のアプリで、出来る機能は下記の通りになります。

 

  • 日本円の入金・出金
  • 販売所での売買
  • BitMatch注文「取引所と同等レベルのスプレッドを抑えた売買」
  • レバレッジ取引
  • 両建て注文
  • 仮想通貨(暗号資産)の送金・受け取り
  • テクニカル分析
  • LINEでのお問い合わせ

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のスマホアプリは頻繁にトレードする人向けのアプリです。

 

通貨(暗号資産)の取引には必須のアプリですダウンロードして口座開設しておきましょう。

 

販売所の取引手数料

現物取引の取引手数料 無料
レバレッジ取引の取引手数料 無料
レバレッジ手数料「ロールオーバー手数料」 ポジション金額✕0.04% /日
BitMatch取引手数料 以下を参照

※販売所形式のみを採用しており、通常の取引のスプレッドは広く設定されています。

 

BitMatchの取引手数料

BitMatch現物取引手数料
銘柄 取引単位 取引単位あたりの手数料額
BTC/JPY 0.001 2円
ETH/JPY 0.01 6円
XRP/JPY 10 6円
BCH/JPY 0.1 44円
LTC/JPY 0.1 13円
XLM/JPY 10 2円

 

レバレッジ取引のBitMatch取引手数料
銘柄 取引単位 取引単位あたりの手数料額
BTC/JPY 0.01 3円
ETH/JPY 0.1 19円
XRP/JPY 100 12円
BCH/JPY 0.1 11円
LTC/JPY 1 24円
XLM/JPY 100 3円
ETC/JPY 1 2円
XEM/JPY 100 6円
BAT/JPY 100 103円
QTUM/JPY 100 989円
OMG/JPY 100 1,883円
MONA/JPY 100 354円

 

【BitMatch取引手数料の計算方法】

例)現物取引にて、BTC/JPYの取引単位あたりの手数料額が2円の時、数量0.2BTCの買い注文が約定した場合

 

約定数量÷取引単位×手数料額
0.2BTC÷0.001BTC×2円=400円

※有効期限内にマッチングが成立せず、成行にて約定した場合、BitMatch取引手数料は無料です。

 

【BitMatch取引手数料の徴収方法】

買い注文又は売り注文(レバレッジ取引であれば、新規注文又は決済注文)が約定した際に、預託証拠金残高の円貨から差し引かれます。

 

入出金手数料

 

ご入金

クイック入金 無料
銀行振込 無料(銀行手数料はお客様負担)

クイック入金は5000円から、銀行振込は入金に制はありません。

 

ご出金

出金手数料(銀行振込) 無料

出金の最低金額は2000円からですが、全額出金する場合は最低出金額に制限はありません。

 

仮想通貨(暗号資産)の入金手数料

手数料 最低数量 最高数量
ビットコイン(BTC) 無料 制限なし 制限なし
イーサリアム(ETH) 無料 制限なし 制限なし
リップル(XRP) 無料 制限なし 制限なし

 

仮想通貨(暗号資産)の出金手数料

手数料 最低数量 最高数量
ビットコイン(BTC) 無料 0.02BTC/1日1回 10BTC/1日1回
イーサリアム(ETH) 無料 0.1ETH/1日1回 200ETH/1日1回
リップル(XRP) 無料 50XRP/1日1回 200,000XRP/1日1回

最低数量:全額出金の場合、最低制限はありません。

 

 

取引銘柄の扱い形式「有り:◯ なし:✕」で標記

銘柄 現物 現物 BitMatch レバレッジ レバレッジ BitMatch
BTC
ETH
XRP
BCH
LTC
XLM
ETC
XEM
BAT
QTUM
OMG
MONA

 

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)はDMMグループが展開する仮想通貨(暗号資産)取引所です。

 

DMMグループはFXや株取引を行う金融サービスを運営しており、セキュリティー対策は万全にとられています。

 

仮想通貨(暗号資産)はハッキングや流出する危険があり、実績のあるグループの運営するDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)は安心して取引ができます。

 

お客様資産の分別管理

  • お客様の資金は自己資金と別口座で管理している
  • 仮想通貨(暗号資産)はお客様保有分は分離して保管している

 

DMM Bitcoinの信託保全

  • お客様から預託された金銭は「日証金信託銀行株式会社」へ信託保全を行う方法で財産を区別して管理している。信託保全されたお客様の金銭は、破綻した場合でもほぜんされる。信託銀行が破綻した場合も信託法により、保全される。

 

資産はコールドウォレットに保管

  • お客様の資産95%以上をコールドウォレットに保管

 

出庫時の対応

出庫するまでに2つの作業工程があり、それぞれ別社員にて対応している

 

不正ログイン防止

  • WAFを導入し、疑いのあるログインの制限をしている
  • 出庫する際は2段階認証設定を必須としている
  • 端末認証を設定が可能

 

社内セキュリティ

  • FWによって外部からの不正アクセスを侵入させないようにしている
  • 通信だけでなく社内端末の動きを24時間365日体制で監視をしている
  • 社内不正の監視している

 

その他対策

  • SSLによるフィッシング対策
  • 口座登録時の本人確認
  • 外部セキュリティ専門家の脆弱性診断

 

資本金:12億9000万円

 

登録番号:暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号 第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号

引用元:DMM Bitcoin公式

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の口コミを紹介します。

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の口コミ

 

 

 

 

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の評価

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の評価
取扱通貨の種類
(3.5)
使いやすさ
(4.5)
手数料/スプレッド
(3.0)
使っている人の多さ
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

アルトコインのレバレッジ取引は国内トップクラスです。「12種類のアルトコインのレバレッジ取引に対応している」

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)では「販売所形式」で取引所はありません。なのでスプレッドが広めに設定されているのが気になりますが、BitMatch注文があるので取引手数料はかなり抑えられているので安心できます。

 

簡単に言えば、販売所で取引所レベルのスプレッドを抑えた売買ができるので、初心者にはおすすめですね。

 

お客様サポートが充実してます。「専用フォームからの問い合わせ」と「LINEでのお問い合わせ」があります。LINEは日常生活でも使っている人も多いですし、簡単に問い合わせができるのがいいですね。仮想通貨(暗号資産)初心者には安心できますね!

 

第4位:GMOコイン〜東証一部上場のGMOが運営・2021年度オリコン顧客満足度NO.1

 

画像引用元:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイントを解説します。

 

GMOコインのおすすめポイント

 

GMOコインで取り扱っている通貨は現物取引」で15銘柄でFX「レバレッジ取引」が10銘柄が、レバレッジ2倍になります。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ボルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)

 

GMOコインのアプリは初心者から上級者まで使えるアプリです。

 

初心者でも使える「ノーマルモード」と高機能チャートやアラート機能・ウィジェットを備えた「トレーダーモード」の2種類のモードがあります。

 

GMOコインのアプリで、出来る機能は下記の通りになります。

 

  • 日本円の入金・出金
  • 販売所・取引所での売買
  • 暗号資産FX・レバレッジ取引
  • 仮想通貨(暗号資産)の預入・送付
  • レンディング(貸仮想通貨)サービス
  • つみたて暗号資産(仮想通貨)
  • ステーキング:対象の仮想通貨(暗号資産)のみ「テゾス(XTZ)」
  • 最大4分割の比較チャート
  • 12種類のテクニカル指標「高機能チャート」

 

GMOコインは2021年のオリコン顧客満足度調査で、「暗号資産取引所 現物取引ランキング総合NO.1」になってます。

 

ユーザーからみて一番使いやすかったということです。またGMOグループが運営していることから信頼ができる取引所ということも要因ですね。

 

これから仮想通貨(暗号資産)取引を始めい方はアプリをダウンロードし、口座開設しておきましょう。

 

販売所・取引所手数料

販売所 取引所(現物取引)
無料 Maker: -0.01% Taker: 0.05%

レバレッジ・暗号資産FX

取引手数料 ロスカット手数 レバレッジ手数料 追加証拠金が解消されないことに伴う強制決済手数料
取引所(レバレッジ) 無料 建玉ごとに0.5% 建玉ごとに0.04%/ 日 建玉ごとに0.5%
暗号資産FX 無料 無料 建玉ごとに0.04%/ 日 建玉ごとに0.5%

ロスカット注文が発動された場合、「建玉レート × 建玉数量 × 0.5%」の手数料が発生します。

 

 

入出金手数料

日本円の入金 無料:振り込み手数料はお客様負担
日本円の出金 無料

仮想通貨(暗号資産)の入金・送金手数料

仮想通貨(暗号資産)入金 無料:マイナーに支払う手数料はお客様負担
仮想通貨(暗号資産)送金 無料

 

取引銘柄の扱い形式「有り:◯ なし:✕」で標記

販売所 取引所 暗号資産FX
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ボルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
シンボル(XYM)

 

GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネットのグループ会社です。同グループにGMOクリツク証券があり、そこで蓄積されたセキュリティ対策は安全性が高いといえます。

 

預託された資産の分別管理

  • 仮想通貨(暗号資産)を分離して管理「お客様 暗号資産とGMO 資産を分離して管理」
  • 金銭の管理:異なる口座で管理「お客様 資産とGMO 資産を別口座で管理」

 

仮想通貨(暗号資産)の保管方法

  • コールドウォレット管理「お客様の仮想通貨(暗号資産)はすべて、インターネットから隔離された安全な場所に保管」

 

マルチシグ対応

  • 仮想通貨(暗号資産)送付の際に複数の秘密鍵「秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に保管」

 

サイバー攻撃対策

  • お客様アカウントの乗っ取り対策「資産送付の際に2段階認証を必須化」・「ログイン実績のない環境からのログインは2段階認証を必須化」・「ログイン履歴の記録とメールによる通知」
  • システムへの侵入対策「外部のセキュリティ専門家による定期的なシステム脆弱性診断」・「グループ会社と連携した脆弱性情報収集」

 

資本金:37.58億円(準備金含む)

 

登録番号:関東財務局長 第00006号(暗号資産交換業)関東財務局長(金商)第3188号

引用元:GMOコイン公式サイト

 

GMOコインの口コミを紹介します。

GMOコインの口コミ

 

 

 

 

 

GMOコインの評価

GMOコインの評価
取扱通貨の種類
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
手数料/スプレッド
(3.5)
使っている人の多さ
(3.5)
総合評価
(3.5)

 

GMOコインは、GMOインターネットグループの関連会社だからこその信頼感があります。金融サービスで培われたセキュリティやシステムが生かされています。

 

アルトコインも15種類の取扱いがあり、投資先も豊富ですし、トレードだけではなく、ステーキングのサービスでの長期投資でも利益を得ることができます。

 

お客様目線での運営が評価され、2021年にオリコン満足度NO.1の実績を獲得しました。実際のユーザーからは「初心者にもわかりやすい」「手数料がやすい」などの声がよせられました。

 

第5位:bitbank(ビットバンク)〜国内取引所で仮想通貨の取引量NO.1【市場からの評価が高い】〜

 

画像引用元:bitbank

bitbank(ビットバンク)のおすすめポイントを解説します。

 

bitbank(ビットバンク)のおすすめポイント

 

bitbank(ビットバンク)で取り扱っている通貨は11種類になります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)

 

仮想通貨(暗号資産)取引所は販売所と取引所の2種類がありますが、販売所と販売所で取扱い通貨数が違ってくるのが一般的な取引所ですがbitbank(ビットバンク)は11種類の通貨、全て取引が可能です。

 

取引所でアルトコインをトレードする人はかなりおすすめです。

 

bitbank(ビットバンク)のスマホアプリはチャートが見やすくて簡単に取引ができる操作性が特徴で、取引所での指値注文も直感的に操作できます。

 

スマホアプリからbitbank(ビットバンク)のサービスはほぼ全てができます。

 

  • 日本円の入金・出金
  • 販売所での売買
  • 取引所での売買
  • 仮想通貨(暗号資産)の送金・受け取り
  • レンディング(貸仮想通貨)「募集期間と最低額」がある
  • チャート「チャートが見やすい」

 

bitbank(ビットバンク)のアプリはデザインが洗練されていて、チャートの値動きが見やすいので初心者にはとても評判が良いです。

 

また高度なテクニカル分析もできるので上級者も利用している人が多いのも特徴です。

 

bitbank(ビットバンク)のフェイクサイトもあるので注意してください。

 

すごく使いやすい取引所です、アプリをダウンロードいて口座を開設しておきましょう。公式サイトはこちら

 

販売所・取引所手数料

販売所 取引所
無料 maker : -0.02% taker : 0.12%

販売所は1.5%、取引所は0.07%と国内トップレベルのスプレッドの狭さです。

※スプレッドはお客様の負担です。

 

入出金手数料

ご入金

日本円・仮想通貨(暗号資産) 無料

ご出金

日本円 550円/770円(3万円以上)
BTC(ビットコイン) 0.0006 BTC
LTC(ライトコイン) 0.001 LTC
XRP(リップル) 0.15 XRP
ETH(イーサリアム) 0.005 ETH
MONA(モナコイン) 0.001 MONA
BCC(ビットコインキャッシュ) 0.001 BCC
XLM(ステラルーメン) 0.01 XLM
QTUM(クアンタム) 0.01 QTUM
BAT(ベーシックアテンショントークン) 21 BAT
OMG(オーエムジー) 2 OMG
XYM(シンボル) 2 XYM

 

取引銘柄の扱い形式「有り:◯ なし:✕」で標記

銘柄 販売所 取引所
日本円
BTC(ビットコイン)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
ETH(イーサリアム)
MONA(モナコイン)
BCC(ビットコインキャッシュ)
XLM(ステラルーメン)
QTUM(クアンタム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
OMG(オーエムジー)
XYM(シンボル)

取引所でも販売所と同じ銘柄が取引できます。

 

bitbank(ビットバンク)は厳重なセキュリティ体制を整えています。

 

2段階認証

  • メールアドレスとパスワードを利用した認証とセキュリティコードを加える対策。リアルタイムで変わる6つの数値がパスワードになるので、セキュリティのレベルがあがります。

 

コールドウォレット

  • 完全なオフライン環境によるマルチシグで管理しており、外部のネットワークから完全に隔離されており、仮想通貨(暗号資産)を移動させる場合は複数人が別々に電子署名を行います。

 

ホットウォレット

  • 仮想通貨(暗号資産)の利便性を維持するためにホットウォレットを採用しています。セキュリティ上安全な物理的・仮想的に分離された鍵管理システムを採用し、ビットコインの高速で安全な引き出しを実現。

 

資本金:86億4209万円(資本準備金含む)

 

登録番号:関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00004号

引用元:bitbank公式サイト

 

bitbank(ビットバンク)の口コミを紹介します。

 

bitbank(ビットバンク)の口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

bitbank(ビットバンク)の評価

bitbank(ビットバンク)の評価
取扱通貨の種類
(4.5)
使いやすさ
(3.5)
手数料/スプレッド
(5.0)
安全性
(3.0)
使っている人の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

 

bitbank(ビットバンク)はスマホのアプリが使いやすく、チャートが見やすい点で他の取引所のチャートより細かくて正しい判断がしやすいと思います。

 

また、販売所と同じ数のアルトコインを取引所で板取引できるのは最大のメリットです。

 

手数料を抑えて取引したい人や、仮想通貨(暗号資産)投資経験がある人にはおすすめな取引所です。登録がまだの方はこの機会に口座開設してください。

まとめ

 

仮想通貨(暗号資産)取引所のおすすめから自分に合う取引所の口座を開設しましょう。

 

仮想通貨(暗号資産)取引所はそれぞれ特徴があります、取引所は1社に絞るのではなくて、用途に応じて使い分けすることが必要です。



例えば、Coincheck(コインチェック)なら、長期保有・NFT「メタバースのLAND」の購入ができる、bitbank(ビットバンク)は取引所の取扱銘柄が多い。

 

Coincheck(コインチェック)は1回のスプレッドが広いので短期の売買には向きませんが長期保有やNFTを取引したい方は便利です。

 

逆にbitbank(ビットバンク)は手数料がかなり抑えれており、取引所のアルトコイ銘柄が充実しているので、短期取引をするのに向いています。

なので、取引所は最低2社は登録しておくことが、おすすめです。

 

私の個人的な意見ですが、今回紹介した5社すべて口座を開設しておくと、仮想通貨(暗号資産)取引する上で便利です。

 

ともあれ、取引所は使ってみないと分からないので、仮想通貨(暗号資産)取引をやろうと思う人はまずは、少額でいいので、いろんな取引所を使ってみることをおすすめします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です