" />

コインチェックレンディングで稼ぐ方法とは?年利5%の秘訣

この記事には広告を含む場合があります。

そんな疑問にお答えします!

デジタル時代の新たな収入源として注目されているコインチェックレンディング。

この記事では、コインチェックレンディングを通じて安全に、かつ効率的に稼ぐ方法をわかりやすく解説します。

暗号通貨を持っているけれど、ただ保有しているだけではもったいない、もっと積極的に資産を増やしたいと考えているあなたへ。

リスクを抑えつつ、確実に収益を上げるためのポイントを、実例を交えて紹介します。暗号通貨投資に対する不安を払拭し、資産運用の新しい扉を開く一歩を踏み出しましょう。

この記事を書いている私は、自らを「サラリーマン暗号資産オタク」と称しています。2016年から暗号資産(仮想通貨)に取り組んでおり、最近ではAIにも興味を持っています。AIや暗号資産に関するブログ記事を書いており、毎月数万円の収益を上げています。

コインチェックでの口座開設をまだ行っていない方は、次の公式リンクから口座を開設することができます。

アプリがダウンロード数5年連続「国内No.1」

目次 非表示

  1. コインチェックレンディングとは何か?その仕組みとメリット・デメリット
  2. 使い方と注意点:初心者向けガイド
  3. コインチェックレンディングでの資産運用
  4. 比較:コインチェックレンディングと他社サービス
  5. コインチェックレンディングの評判と口コミ
  6. コインチェックレンディングとステーキングの違いとは
  7. コインチェックレンディングの貸出申請:手順と注意点
  8. コインチェックレンディングで取り扱える暗号資産一覧
  9. コインチェックレンディングの税金
  10. まとめ

コインチェックレンディングとは何か?その仕組みとメリット・デメリット

レンディング メリット デメリット

コインチェックレンディングは、暗号資産を一定期間コインチェックに預けることで、年利に基づいた報酬を得られるサービスです。

この仕組みは、銀行で行う定期預金と似た方法ですが、暗号資産(ビットコインなど)を持ちながら利益を得ることができるため、暗号資産を持つ人にとって魅力的な選択肢です。

コインチェックレンディングの基本仕組み

ユーザーがコインチェックにビットコインやイーサリアムのような特定の暗号通貨を預けることができます。

このサービスでは、ユーザーは預ける期間を自由に選ぶことができ、その期間が終わると、預けた暗号資産と一緒に、あらかじめ約束された利息が支払われます。

利息の率は年率で示され、市場の変動によってこの利率が変わることがあります。

コインチェックレンディングのメリットとは

コインチェックで暗号資産をレンディング(貸し出し)する際のメリットについて解説します。以下に主なメリットを挙げます。

レンディングのメリット
  • 安定した収益: 預けた暗号資産に対して年利で利息が得られるため、価格変動リスクを抱えつつも安定した収益を期待できます
  • シンプルな運用: 取引や市場分析の知識がなくても、暗号資産を預けるだけで収益を得られるため、初心者にも優しいサービスです
  • 資産の有効活用: 保有している暗号資産を活用して収益を得られるため、単に保有しているだけではなく、資産を有効に活用できます

コインチェックレンディングのデメリットとは

コインチェックのレンディングに関するデメリットは次の通りです。

レンディングのデメリット
  • 利用できる通貨の制限: 全ての暗号資産がレンディングの対象となるわけではなく、サポートされている通貨に限られます
  • 資金の流動性の低下: 預けた暗号資産は契約期間中引き出すことができないため、急な資金需要に対応しにくくなります
  • 市場の変動リスク: 利息の支払いは保証されますが、暗号資産自体の価格変動リスクは残ります。価格が大きく下落した場合、利息を上回る損失を被る可能性があります

使い方と注意点:初心者向けガイド

レンディング 使い方ガイド

コインチェックレンディングを利用する際には、いくつかの使い方と注意点があります。これらを理解することで、より安全に、かつ効率的に資産を運用することが可能になります。

コインチェックレンディングの利用開始方法

コインチェックレンディングを始めるには、まずコインチェックのアカウントを持っている必要があります。

アカウント登録後、必要なKYC(Know Your Customer)手続きを完了させ、レンディングサービスへの参加を申し込みます。アカウントに暗号資産を預けることで、レンディングが開始されます。

預け入れや貸し出しの手順と手間

レンディングに参加するためには、サポートされている暗号資産をコインチェックのウォレットに預け入れる必要があります。

コインチェックのプラットフォームを通じて、レンディングに利用したい暗号資産を選択し、預け入れます。この際、レンディング期間や希望する年利率も設定することが可能です。

利用に当たっての注意点とリスク

コインチェックレンディングを利用する際には、以下のようなリスクと注意点があります。

レンディングの注意点
  • 市場の変動: 暗号資産の価格は非常に変動しやすいため、レンディング期間中に価格が大きく変動する可能性があります
  • 資金の流動性: レンディング期間中は、預け入れた暗号資産を引き出すことができません。急な資金需要に対応できない場合があるため、計画的に資産を管理する必要があります
  • サービスの利用規約: コインチェックレンディングの利用規約をよく読み、サービスの内容を理解しておくことが重要です。不明点がある場合は、事前に問い合わせを行うことをお勧めします

コインチェックレンディングでの資産運用

レンディング 資産運用

コインチェックレンディングは、暗号資産を活用した資産運用方法の一つです。

このセクションでは、コインチェックレンディングを用いた資産運用の具体的な方法と、それによって得られる利益、さらには投資としてのリスクについて解説します。

コインチェックレンディングでの年利と利益

コインチェックレンディングを利用する最大の魅力は、比較的安定した年利で収益を得ることができる点にあります。年利は通常、数パーセントから高い場合で5%以上にもなります。

この年利は、預ける暗号資産の種類や市場状況、そしてレンディングの期間によって変動します。

コインチェックのレンディングの詳細は以下の通り…

名称形態利回り暗号資産預け入れ期間途中解約 運営会社
Coincheckレンディング暗号資産取引所年率最大 5.0%BTC、ETHなど全ての暗号資産14日、30日、90日、180日、365日コインチェック株式会社

利回り高め!年利5%を実現する投資方法

年利5%を達成するためには、市場の動きを理解し、資産を効率的に管理することが必須です。成功の鍵は以下のポイントにあります。

年利5%を達成するには!
  • 通貨選択: 年利率が高い通貨を選ぶことが大切です。特に、需要が高く、年利率が比較的良いとされる通貨を選択しましょう
  • 市場トレンドの追跡: 暗号資産市場は価格変動が頻繁に起こるため、投資の条件も変わりやすいです。市場のトレンドを定期的にチェックし、より好条件に変わった時は速やかに行動を取ることが推奨されます

レンディングによる利益は、預け入れた暗号資産の量に直接関係します。つまり、預け入れる暗号資産の量が多いほど、得られる利息も多くなります。

しかし、暗号資産の価格変動リスクも考慮する必要があり、価格が大きく下落すると、利息による収益を上回る損失が発生する可能性もあるので注意が必要です。

比較:コインチェックレンディングと他社サービス

Coincheck レンディング 比較

コインチェックレンディングは多くのメリットを持つサービスですが、他のプラットフォームと比較することで、その利点と異なる点をより明確に理解することができます。

コインチェックレンディングとGMO・LINE BITMAX・Bit Trade・ビットレンディング・PBRレンディングの比較

暗号資産レンディングサービスは、GMOコイン、LINE BITMAX、Bit Tradeなどの暗号資産取引所によって提供されています。これらのサービスにはそれぞれ特徴があります。

たとえば、Bit Tradeは多種多様な暗号資産を対象としており、高い利回りを提供しています。一方、コインチェックは使いやすいインターフェースと、比較的高い年利率を提供しており、国内の大手取引所として安心して利用できます。

また、ビットレンディングやPBRレンディングのように、レンディングを専門に扱う業者も存在します。これらの専門業者もまた、独自の特色を持っています。

名称形態利回り(金利)暗号資産 預け入れ期間途中解約  運営会社
コインチェック   暗号資産取引所年率最大5.0%29種類14日、30日、90日、180日、365日コインチェック株式会社
GMOコイン暗号資産取引所スタンダード:1%〜3%
プレミアム:15%
26種類1ヶ月〜3ヶ月(スタンダード)
1週間〜2ヶ月(プレミアム)
GMOコイン株式会社
LINE BITMAX暗号資産取引所3%〜12%(12%はFASAのみ)7種類30日、60日、90日LINE Xenesis株式会社
BitTrade暗号資産取引所5%(募集時期により異なる)34種類90日(募集時期で異なる)ビットレート株式会社
ビットレンディング専門業者8%〜10%5種類1ヶ月〜株式会社J-CAM
PBRレンディング専門業者10%〜12%5種類1ヶ月株式会社Notting Hill TOKYO
2023年12月時点での資料

暗号資産のレンディングサービスについて、提供元が異なります。一つは暗号資産取引所が提供するサービスであり、もう一つはレンディングに特化した専門業者が提供するサービスです。

これらについて、次に詳しく説明します。

コインチェック(取引所)とレンディング(専門業者)との違い

暗号資産の貸し出しサービス、通称「暗号資産レンディング」は、主に次の2種類に分類されます。

  1. 国内の暗号資産取引所によって提供されるサービス
  2. レンディングを専門に行う業者によって提供されるサービス

国内の取引所提供のレンディングサービスは、その運営実績が豊富で、利用者は自身の資産を安心して預けることができます。ただし、提供される金利は比較的低めの傾向にあります。

対照的に、専門にレンディングサービスを提供する業者は、取引所や販売所の運営は行っておらず、運営期間が短いものの、高い利回りを提供することで資産を有効に運用できます。これは、より大きな収益を目指す投資家にとって魅力的なオプションです。

このサービスを利用するためには、まず他の暗号資産取引所で暗号資産を購入し、その後レンディング専門業者に預ける必要があります。

コインチェックレンディングVS銀行サービス

コインチェックレンディングと伝統的な銀行サービスを比較すると、投資の方法や収益の可能性において大きな違いがあります。以下の比較表は、それぞれのサービスの特徴を明確に理解するための参考資料です。

特徴コインチェックレンディング銀行サービス
投資対象暗号資産法定通貨
収益の源泉貸し出しによる利息定期預金の利息、貯蓄口座の利息
年利率比較的高い(市場による変動あり)低い(0金利政策のため)
リスク価格変動リスクが高い比較的低リスク
資金の流動性低い(レンディング期間中は引き出し不可)高い(条件によるが、通常は引き出し可能)
手続きの簡便さオンラインで完結オンラインまたは窓口での手続き
目的暗号資産保有者の収益化貯蓄増加、資金保管

この比較表からわかるように、コインチェックレンディングは高い年利率を提供し、暗号資産を有効活用して収益を得ることができる一方で、価格変動リスクを伴います。

一方、銀行サービスは安定した収益と資金の安全性を提供しますが、利率は一般に低めです。投資者がどちらのサービスを選択するかは、リスク許容度、資金の流動性へのニーズ、そして投資の目的によって異なります。

コインチェックレンディングの評判と口コミ

コインチェックレンディングサービスを利用する際には、既存のユーザーからの評判や口コミを参考にすることが有効です。ここでは、コインチェックレンディングの利用者からの口コミを紹介します。

ユーザーの評価:コインチェックレンディングの口コミ

コインチェックレンディングのユーザーからは、その使いやすさと安定した収益性に関して高い評価が寄せられています。特に、初心者でも簡単にレンディングに参加できる点や、予想以上の利益を得られたという声が多く聞かれます。

一方で、市場の変動によるリスクや、レンディング期間中の資金の流動性の問題に関して懸念を示す声もあります。

コインチェックレンディングとステーキングの違いとは

暗号資産 レンディング ステーキング 違い

暗号資産を預けることで資産を増やす投資手法には、レンディングとステーキングが存在します。

コインチェックレンディングとステーキングは、暗号資産を用いた収益化手法として人気がありますが、それぞれに特徴があります。

ここでは、両者の基本仕組み、利益や利息の違い、そしてどちらを選ぶべきかについて解説します。

ステーキングとレンディングの基本仕組み

レンディングとステーキングは、暗号資産を用いた収益化の手法ですが、その仕組みと目的には顕著な違いがあります。以下の表は、レンディングとステーキングの主な違いを比較しています。

特徴レンディングステーキング
目的他者への暗号資産貸出により利息を得るネットワークのセキュリティやトランザクション検証への貢献を通じて報酬を得る
収益の源泉貸し出した暗号資産に対する利息ステーキング報酬(新たな通貨の形成やトランザクション手数料など)
リスク市場の価格変動リスク、借り手の信用リスク価格変動リスク、ネットワーク参加の技術的リスク
運用資産レンディングに対応した暗号資産ステーキングが可能なブロックチェーンのネイティブトークン
流動性低い(レンディング期間中は資金が固定される)中〜高(ステーキング解除に一定の期間が必要な場合もある)
参加の簡便さ比較的簡単(プラットフォームを通じて参加)技術的知識が必要な場合がある(ネットワークによって異なる)
年利率/報酬率予め定められた利率に基づくネットワークの状況やステーキング量によって変動する

レンディングは、比較的安定した収益を目指す投資者に適しています。一方、ステーキングは、ネットワークへのより積極的な貢献と高い報酬を求めるユーザー向けです。

選択する際は、自分のリスク許容度、投資目的、そして暗号資産の知識や経験を考慮することが大切です。

レンディングとステーキングの報酬の違い【利息と貢献度】

レンディングの報酬
  • 利息に基づく:貸出した仮想通貨に対して、あらかじめ定められた年利率に基づいた利息が支払われる
  • 安定性が魅力:市場の状況により利率は変動するが、契約期間と利率が決定されるため、予測可能な収益が見込める
  • 契約期間終了時に報酬:貸し出し期間が終了すると、元本と共に利息が支払われる
ステーキングの報酬

  • ネットワーク参加に基づく:ステーキングによりネットワークのセキュリティ維持やトランザクションの検証に貢献することで報酬を受け取る
  • 高リスク高報酬:報酬は新たに発行される通貨やネットワークのトランザクション手数料から得られるため、市場の状況によっては高い報酬が期待できるが、リスクも大きい
  • 報酬の変動性:ネットワークの状況やステークされた通貨の量、ステーキング期間によって報酬率が大きく変動する

レンディングは比較的安定した収益を求める投資家に適しており、ステーキングはブロックチェーンネットワークへのより深い参加を通じて、高い報酬を目指すユーザーに向いています。

各々の目的とリスク許容度に応じて選択することが重要です。

コインチェックレンディングの貸出申請:手順と注意点

レンディング貸出申請

コインチェックレンディングに参加するためには、貸出申請を行う必要があります。このプロセスは比較的シンプルですが、スムーズに進めるための手順と、注意すべき点がいくつかあります。

コインチェックレンディングの貸出申請方法

貸出申請方法
  1. アカウント作成: まずコインチェックのアカウントを作成し、必要な個人情報を提供します
  2. 本人確認プロセスの完了: 法律遵守のため、身分証明書を用いた本人確認(KYC)プロセスを完了させます。ここまでは、コインチェックの口座開設が完了していれば、すでに完了しています
  3. 暗号資産の入金: レンディングに使用する暗号資産をコインチェックのウォレットに入金します
  4. 貸し暗号資産サービスに登録する:画面右上あ「取引アカウント」から「貸暗号資産アカウント」から登録する
  5. 貸出申請: ダッシュボードからレンディングオプションを選択し、貸出したい暗号資産と期間を指定して年利率を確認して申請します
  6. 申請の確認と送信:入力した情報と条件を確認し、問題がなければ申請を送信します
  7. 契約の成立と利息の受け取り:申請が承認され、契約が成立すると、選択した期間終了後に約束された利息が暗号資産で支払われます

コインチェックレンディングを利用することで、暗号資産を有効活用し、追加の収入を得ることが可能になります。

ただし、レンディング期間中は選択した暗号資産を引き出すことができなくなるため、計画的に資産を管理することが重要です。

コインチェックの口座をまだ開設していない方は、以下のリンクからどうぞ! 🔽

コインチェック公式サイトはこちら

承認されない・貸し出しされない場合の対処法

コインチェックレンディングで暗号資産の貸し出し申請を行ったものの、承認されないまたは貸し出しされない場合があります。このような状況に直面した場合の対処法を以下にまとめます。

承認されない場合の対処法
  • 申請情報の再確認: 申請が承認されない場合、提供した情報に誤りがないか再確認してください
  • 市場の需要をチェック: 貸し出し期間が長い場合や、市場の需要が低い仮想通貨を選択した場合、貸出が行われないことがあり、需要の高い通貨や期間を選択することを検討してください
  • サポートへの問い合わせ: 状況が改善しない場合は、コインチェックのカスタマーサポートに相談してみるとよいでしょう

コインチェックレンディングの申請が承認されない場合や貸し出しされない場合には、これらの対処法を試すことで、状況を改善することが期待できます。

常に市場の状況を注視し、柔軟な対応を心がけることが重要です。

貸出申請と保有資産の影響

貸出申請を行うと、選択した期間、その資産は固定され、市場での売買ができなくなります。このため、急な市場の変動に対応できないリスクがあります。

また、貸出期間が終了するまで、利益の確定や資産の再配置が行えないため、投資戦略に影響を与える可能性があります。

コインチェックレンディングで取り扱える暗号資産一覧

コインチェックレンディングサービスでは、扱っているすべての暗号通貨を貸し出しに利用できます。利用者は、これらの暗号通貨を預けることによって、収益を得ることが可能です。

コインチェックレンディングで取り扱い可能な銘柄

コインチェックレンディングサービスでは全ての暗号資産がレンディング可能です。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などがあります。これらの通貨は、高い流動性を持ち、暗号資産市場で広く知られています。

コインチェックで取り扱っている暗号資産は以下の通りです。(2023年12月時点)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
  • ポルカドット(DOT)
  • フィナンシェトークン(FNCT)
  • チリーズ(CHZ)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • ポリゴン(MATIC)
  • イミュータブル(IMX)
  • エイプコイン(APE)
  • アクシーインフィニティ(AXS)
  • ラップドビットコイン(WBTC)
  • アバランチ(AVAX)
  • シバイヌ(SHIB)

コインチェックレンディングの税金

コインチェックレンディングを利用する際には、税金が重要な考慮事項となります。これらを理解し、計画的に資産運用を行うことが、不可欠です。

コインチェックレンディングと税金:申告方法と節税対策

コインチェックレンディングを通じて得られる利息収入は、税法上の「雑所得」として扱われます。そのため、年間の利息収入が一定額を超える場合には、確定申告を行い、所得税を支払う必要があります。

そこで、節税する方法はあるのか?調べてみました!

個人が暗号資産の節税対策以下3つについても分かりやすく解説します。

口座開設の流れ
  • 暗号資産にかかる経費計上:取引手数料や学習するための書籍・セミナー料金などに限定される
  • 年間20万円以内の利益で確定:年間20万円以下の利益であれば、所得税はかからない
  • 利益確定をしないで保有し続ける:価格が上昇しても利益確定になければ、課税対象にはならない

運用利益と税金:実際のケーススタディ

実際のケーススタディを通して、コインチェックレンディングの運用利益にかかる税金の計算例を見てみましょう。

例えば、年間で20万円以上の利息収入を得た場合、その収入に対して所得税及び住民税が課税されます。税率は所得の総額や税制によって異なるため、具体的な計算には税務署や税理士への相談が推奨されます。

まとめ

コインチェックレンディングで稼ぐ方法を探求するこのブログ記事は、年利5%を目指す秘訣を包括的に解説しています。ここでは、この記事の要点を簡潔にまとめてみましょう。

コインチェックレンディングの概要

コインチェックレンディングは、ユーザーが自分の暗号資産をコインチェックに預け、それに基づいて利息を得るサービスです。

この仕組みは、暗号資産の新たな収益源として注目されており、投資家に安定した収益を提供する可能性を持っています。

利用のメリット

  • 年利5%までの収益可能性
  • 暗号資産市場のボラティリティから一定の保護
  • 利用が簡単で、初心者でも始めやすい

注意すべきデメリットとリスク

  • 市場の変動による資産価値の減少リスク
  • レンディング期間中は暗号資産を自由に取り扱えない
  • サービス特有のリスク、例えばサービスの中断やセキュリティ問題

利用方法とスタートガイド

コインチェックレンディングの始め方、資産を預け入れて貸し出す手順、そしてその過程での注意点について詳細に説明しています。

このガイドは、初心者にも分かりやすく、安心してサービスを利用開始できるように設計しています。

資産運用と他社サービスとの比較

コインチェックレンディングによる資産運用の具体的な利益例や、GMO、BITPOINTなど他社サービスとの比較しました。また、ステーキングとの違いにも触れ、ユーザーが自分に合った投資方法を選べるように情報を提供しています。

税金、そしてユーザー評価

最後に、手数料や税金への対応、実際のユーザーの評価と口コミを紹介しました。これにより、読者はコインチェックレンディングの全体像を把握し、利用時の経済的考慮事項を理解できます。

結論

コインチェックレンディングは、適切な知識と注意を払うことで、暗号資産投資家にとって有益な収益源となり得ます。この記事を通じて、メリットとリスクを総合的に理解し、賢明な投資判断を下すことが重要です。

レンディングは初心者でも簡単に始められて、資産を増やせる方法です。レンディングを活用して賢く資産をふやしましょう!

コインチェツクの関連記事は以下のリンクからどうぞ…

ビットコイン関連の記事はこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です