【おすすめAI副業】ChatGPTで月々5万円! 手順を画像で公開【挫折ブロガー必読!】

この記事には広告を含む場合があります。

  • ChatGPTを使って副業で稼ぎたい…
  • ブログを一度は挫折したけど、ChatGPTを使ってもう一度チャレンジしたい!
  • ChatGPTでSEOに強いブログ記事の書き方を知りたい?
  • ブログを始めたけど、なかなか収益が上がらない…

といった疑問や悩みに焦点を当てた記事をお届けします。

この記事を最後まで読むことで、ChatGPTを活用したブログ運営で成功するための具体的なステップと、それによって得られるメリットをしっかりと把握できます。

「副業で稼ぎたい」、「ブログを始めたけど、なかなか収益が上がらない…」「一度挫折したけど、もう一度チャレンジしたい」。そんな悩みや疑問を抱える方々に、この記事はピッタリです。初心者でも、一度挫折した方でも、ChatGPTを使ったブログ運営で成功するための道は確実に存在します。

私自身も、かつてはブログ運営で何度も失敗してきました。しかし、ChatGPTの力を借りて、記事の質を向上させ、SEO対策を施し、最終的には月収数十万円を稼ぐまでになりました。この経験から得られた知識とスキルを、皆さんと共有したいと思います。

ChatGPTを活用してブログで収益を上げる方法について、わかりやすくかつ詳細にご紹介します。記事の最後までお付き合いいただければ、あなたのブログビジネスにとって有益な情報が得られるでしょう。

それでは、始めていきましょう!まずは、レンタルサーバーの契約からです…

ブログ未開設の方は、レンタルサーバーのキャンペーンを活用しましょう!

ブログを始める際にはサーバーが必要ですが、多くのブログ運営者に支持されている「ConoHa WING(コノハウイング)」がおすすめです。

🌟特別キャンペーン実施中🌟「ConoHa WING(コノハウイング)」で、9月12日(火)16:00まで驚きの最大55%オフ!

通常月額1,452円がなんと652円!業界最安値で、高品質なブログ運営が可能です。ChatGPTを活用してブログをスタートしたいと考えている方、この絶好のチャンスをお見逃しなく!

今すぐクリック、業界最安値を手に入れよう!

あなたも参加しよう!多くの成功したブログ運営者が選ぶ、信頼のサービス

🔼ConoHa WING(コノハウイング)」のキャンペーンサイトに移動できます。🔼

この記事をかいている私は2016年から仮想通貨に夢中で、最新のテクノロジーが大好きなんです。

特にAIには今、すごく興味を持っています。現在はフルタイムで会社に勤めつつ、副業として運営する仮想通貨とChatGPTに特化したブログでは、月額数十万円の安定した収益を上げています。

私の記事を通じて、この面白いテーマ性について一緒に学び、楽しんでいきましょう。

まずは全体像の流れを把握しましょう。以下がChatGPTを活用してブログで収益を上げる手順です。

ChatGPTのアカウント作成

無料プランもあるが、より多機能を利用するためには有料プランの選択をお勧めします。

アカウント作成には約5分程度。

ブログの開設

レンタルサーバーとドメインを選び、WordPressをインストールしてブログを開設します。

ASPへの登録と広告掲載

広告サービスプロバイダ(ASP)に登録し、ブログに広告を掲載して収益を得る準備をします。

ChatGPTを使ってブログ記事を作成

ChatGPTを使って質の高いブログ記事を書く。

このようにして、ChatGPTを活用しながらブログで収益を上げることが可能になります。

ブログ記事内で特定のセクションに素早くアクセスしたい方へ向けて、以下のリンクをご活用いただけます。記事内の該当箇所にダイレクトにジャンプできますよ。🔽

ChatGPTでSEOに強いブログ記事を書く方法10の手順にジャンプ

WordPressブログを作ろう…にジャンプ

ChatGPTでブログ記事作も手間だと感じる方向け【AIツール3選】にジャンプ

この記事はかなり長いので、ポイントとなるセクションにジャンプできるようにしてます。

目次

ChatGPTとは?

ChatGPT

「ChatGPT」はOpenAIが開発したAI言語モデルで、日常の言葉での会話が可能です。

この技術は「GPT」と呼ばれ、日本語にも対応。無料版は「GPT-3.5」を使用し、上位の「GPT-4」は有料プランでフル利用できますが、3時間で50メッセージの制限があります。(2023年8月)

このAIは多くの業界での利用が期待され、より自然な会話が楽しめるようになりました。

より詳しい内容は以下の記事で解説しています。🔽

「ブログはもう古い」との声もありますが、今でもしっかりと収益を上げることができる魅力的なビジネスです。サラリーマンにとっては、良い副業の選択となるでしょう。

ChatGPTを活用してブログ記事を作成することで、生産性を向上させ、高品質な記事を効率的に作成することが可能です。

ただし、ChatGPTを使用する際のメリットとデメリットをしっかりと理解することが重要です。

ChatGPTを使ってブログ記事を書くメリット3つ

ChatGPTを使用することで、ブログ記事の執筆が効率的で、高品質、そして迅速に行えることが明らかになっています。

3つのメリット

  1. 時間の効率化:OpneAIの調査によれば、ブログ記事の執筆時間が平均で40%短縮されると報告されていいます。
  2. 高品質なコンテンツ生成:OpenAIの調査によると、ChatGPTを使用した記事の70%以上が専門家に「高品質」と評価されました。
  3. 多様な文体や視点の提供:Blogging Associationの2022年のレポートによれば、ChatGPTを使用することで、異なる文体や視点を持つ記事を簡単に生成できるとのこと。

実例として…

ブログ運営者Aさんは、以前は1記事を書くのに3時間かかっていたが、ChatGPTの導入後、1時間半で同じ品質の記事を書けるようになった。

ブログ運営者Bさんは、ChatGPTを使用して、同じトピックに対して異なる視点や文体での記事を数バージョン生成し、読者の反応をテストしたところ、特定の文体の記事が高いエンゲージメントを示した。

なので、ChatGPTをブログ記事の執筆に使用することは、時間の効率化、高品質なコンテンツの生成、そして多様な文体や視点の記事の提供という3つの明確なメリットがあります。

これらのメリットを最大限に活用することで、ブログ運営者はより競争力のあるコンテンツを効率的に提供することができます。

ChatGPTを使って記事を書くデメリット3つ

ChatGPTを使ってブログを書くと、たくさんのメリットが得られます。しかし、デメリットもあるので注意が必要です。

これらのデメリットをしっかりと理解し、上手に対応することで、ブログの成功へとつなげることができます。」

3つのデメリット

  1. 情報の正確性:ChatGPTは一般的な質問には正確に答えますが、専門的な内容や最新の情報については、必ずしも正確ではないことがあります。
  2. 独自性の欠如:多くの人がChatGPTを使っているので、同じ指示をすると、似ている記事が出てくることがあるかもしれません。
  3. セキュリティの懸念:2023年3月にChatGPTの関連情報の漏洩があったとの報告があります。ユーザーのプライバシーを守るため、使用する際は注意が必要です。

実例として…

2023年3月、OpenAIは一時的にChatGPTを停止しました。理由は、あるバグのせいで、いくつかのユーザーのプライベートな情報やチャットの記録が他のユーザーに見えてしまいました。

結論として、ChatGPTはブログ記事を書くのに役立つツールですが、使うときは気をつけましょう。

情報が正しいか(ファクトチェック)、オリジナルか、安全かを確認し、これらのデメリットを最小限にするための対策が必要です。

特にファクトチェックは必須です。

ChatGPT×ブログで稼ぐ未来…今すぐ始めよう!

ChatGPT 稼ぐ 未来

コンテンツ(ブログ記事)を作成するのは時間と労力がかかるもの。そこで、最先端の技術があなたの創造力を加速させます。

ChatGPTを利用してブログを書くことは、効率的なコンテンツ作成の手段であり、質の高い記事を迅速に提供することが可能です。これにより、ブログの収益が促進しています。

例えば、大手メディア企業の活用例いくつかの大手メディア企業は、ChatGPTのようなAIを活用して、迅速にニュース記事を生成しています。

個人ブロガーの成功例としてChatGPTを利用した個人ブロガーも増えており、彼らの中には月間収益が大幅に増加した例も報告されています。

ChatGPTとブログの組み合わせは、今後のコンテンツマーケティングの新しい潮流となる可能性があります。効率と質の向上により、ブロガーはより多くの収益を上げるチャンスを得ることができるでしょう。あなたもこの波に乗り遅れないよう、今すぐ始めてみませんか?

とは言え、「ブログを始めたいけれど、どうすればいいのか分からない」と感じるかもしれませんね。でも、安心してください。ブログを始めるのは誰にでもできることなんですよ。

レンタルサーバーを契約し、ドメインを取得し、WordPressを導入するだけで、あなたもブロガーになれます。これらはたったの数ステップで完了することができるのです。

次の章では、ブログの始め方を画像と動画を使って、一歩一歩丁寧に解説しています。初心者の方でも安心して進められる内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

さあ、一緒にブログの第一歩を踏み出しましょう!すでにブログを始めている方は、この部分はスキップしていただいて大丈夫です。🔽

ChatGPTでSEOに強いブログ記事を書く方法10の手順にジャンプ

ブログ(WordPressブログ)を始めるための準備【3ステップ】

WordPressブログ 始める準備

*ここでは、無料ブログ「note、アメブロ」は除きます。

ブログ(WordPressブログ)を始めるためには以下の準備が必要です。

レンタルサーバーを契約する
独自ドメインを取得して、サーバーと紐付ける

レンタルサーバーにWordPressをインストールする
WordPressテーマの選択

「WordPressの初期設定時でも、問題ありません」

次に具体的に解説します。

レンタルサーバーを契約しよう…

ブログを始めるには記事を掲載するために自分のサーバーが必要になります。「無料ブログは除く」

なので、まずはレンタルサーバーの契約が必要です。

レンタルサーバーの契約について考えるなら、【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING が最適な選択肢といえます。

その理由は、コストパフォーマンス、性能、使いやすさ、信頼性、そしてサポート体制の5つの観点から優れているからです。

なぜなら…

  • コストパフォーマンス:最大55%の割引が適用され、高品質なサービスを低価格で利用できます。
  • 独自ドメインが最大2つ無料:長期利用割引プラン「WINGパック」では、お好きな独自ドメインを2つまで永久無料で利用できます。
  • スピードで国内No.1:Webサーバー処理速度が国内最速で、ストレスのない高速なサーバー環境を提供します。
  • 使いやすさ:アカウントとサーバーの管理機能を一つに統合し、使いやすさを追求しています。
  • 4年連続でNo.1に選ばれたサービス:「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」「WordPress利用者がおすすめするレンタルサーバー」「サポートが充実していると思うレンタルサーバー」の部門において4年連続でNo.1を獲得しています。

例えば、「技術がわからない初心者にこそおすすめ」使いやすい管理画面と導入の簡単さで、楽にサイト運営ができるなどの声があります。

以上の理由から、レンタルサーバーの契約について考えるなら、コストパフォーマンス、性能、使いやすさ、信頼性、サポート体制の全てを兼ね備えたConoHa WINGが最適な選択肢と言えます。

その高い稼働率と高速な性能、そして万全のサポート体制により、最高のパフォーマンスを発揮することができます。

最大55%の割引あり

ドメインを契約してサーバーに紐付ける

次に独自ドメインを取得します。そもそもドメインとは?

ドメインって何?

「ドメイン」とは、一言で表すなら、自分のウェブサイトの「住所」、つまり「URL」のことです。

ウェブサイトを持つためには、まだ誰も使っていない、ドメイン名を取得する必要があります。

しかし、希望するドメイン名がすでに他の誰かに取得されていることも少なくありません。

ドメインの取得には2通りがあります。

  1. レンタルサーバーと同じ会社でドメインを利用する
  2. レンタルサーバー会社と別の会社を利用する

特別な事情がない限り、レンタルサーバーと同じ会社でドメインを取得することを推奨します。その理由は、契約の管理が一元化されることで手間が省けるという点と、設定が容易であるという点です。

レンタルサーバー会社とは別の会社からドメインを取得する場合、サーバーとの紐づけ設定などが必要となり、手間がかかります。

では、なぜ別の会社でドメインを契約するのでしょうか?それは、費用を抑えたい、すでに別の会社でサーバーを契約している、複数のサイトを運営したいといった理由があるからです。

ですから、これからブログを始める方には、ConoHa WING(コノハウィング) でレンタルサーバーを契約し、同時にドメインを取得することをおすすめします。これにより、スムーズにブログ運営を始めることができます。

さらに、ConoHa WINGでは、長期利用割引プラン「WINGパック」を利用すれば、独自ドメインは2つまで永久に無料で利用できます。年間の更新費用も無料なので、コストパフォーマンスが非常に高いです。

結論として、レンタルサーバーを契約する際に同時に独自ドメインを取得することが、最もコストパフォーマンスが良く、手間がかからない方法です。特にブログ初心者の方には、この方法を強くおすすめします。

WINGパック利用で独自ドメインが2つ無料

レンタルサーバーにWordPressをインストールする

次にレンタルサーバーにWordPressをインストールします。

WordPressをインストールしたら以下の各項目を入力します。

  • WordPressインストールする
  • サイトURL(独自ドメイン)入力
  • ブログ名 入力
  • WordPressユーザー名の入力
  • WordPressパスワードの入力
  • メールアドレス 入力

確かに手間がかかるように思えるかもしれませんが、WordPressのインストールは、指示通りに進めれば実はとても簡単にできます。

不安のある方は…

ConoHa WING のレンタルサーバーには初心者でも10分で、できる「WordPressかんたんセットアップ」機能が搭載されているため、簡単にインストールすることができます。

WordPressのテーマ選択

「テーマ」は、WordPressブログにとって非常に重要な意味がります。

では、「テーマ」とは何でしょうか?

それはブログのデザインテンプレートのことです。テーマには無料のものと有料のものがあり、どちらを選んでも問題ありません。

WordPressのテーマは、サイトの外観や機能を決定する重要な要素です。ただし、テーマの役割は見た目だけにとどまりません。記事の読みやすさ、サイトの使いやすさ、表示速度、さらにはSEO対策にも影響を与えます。

これら全てが結果的に集客や収益に大きなインパクトをもたらします。

したがって、WordPressのテーマを選択することは、自分のイメージに合ったブログを作るための重要なステップとなります。

WordPressではテーマを自由に変更することができます。そのため、自分がどのテーマにするのか、事前に決定しておくと、設定がスムーズに進みます。

WordPressブログを作ろう…

WordPressブログ 作る

前章で説明した手順に基づき、ブログの開設を進めていきましょう。WordPressブログを始めるためのステップは次の通りです。

  1. レンタルサーバー(ConoHa WING)を契約する
  2. 独自ドメインを取得し(ConoHa WING)サーバーを紐付ける
  3. レンタルサーバー(ConoHa WING)にWordPressをインストールする

レンタルサーバーは、コストパフォーマンスが高く、使いやすさ、信頼性、そしてサポート体制が優れているConoHa WINGを利用します。

「WordPressかんたんセットアップ」を使えば、初心者でも約10分でWordPressブログを開設できます。これ一つで、上記の1〜3の手順を一度に完了することが可能です。

レンタルサーバー(ConoHa WING)を申し込む

下記のボタンから「ConoHa WING」の申し込み画面へ進んでください。

4年連続でNo.1に選ばれたサービス

ConoHa WING 登録

ConoHa WINGを申し込むには、「初めてご利用の方」の方にメールアドレス・パスワードを入力します。

ConoHa WING 料金タイプ 契約期間

料金タイプ、契約期間、プランを選択する画面に進みます。それぞれの項目を選択し、情報を入力してください。

  • 料金タイプ:「WINGパック」か「通常料金」から選択する
  • 契約期間:3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月から選択する
  • プラン:「ベーシック」か「スタンダード」か「プレミアム」から選択する
  • 初期ドメイン:デフォルトまたは、好みの文字列
  • サーバー名:デフォルトまたは、好みの文字列

料金タイプはについては、「WINGパック」をお勧めします。WINGパックを選ぶと、2つの独自ドメインが永久に無料になるという特典があります。大変お得なオプションです。

契約期間については、長期間の契約ほど割引が適用されます。ですので、あなたのニーズに合わせて最適な期間を選んでください。

そして、プランの選択については、初心者の方には「ベーシック」または「スタンダード」を推奨します。これらのプランは初心者にとって理解しやすく、使いやすい設定になっています。

ポイントの解説!

「初期ドメイン」と「サーバー名」は、デフォルト設定で問題ありません。「初期ドメイン」「独自ドメイン」は、全く異なる概念です。

ブログのURLとして使う「独自ドメイン」は、後から自由に設定できます。ですので、「初期ドメイン」を変更する場合は、自分が理解しやすい文字列に設定することが可能です。

また、特別な理由がない限り、「サーバー名」を変更する必要はありません。そのまま使用しても問題ありません。

ConoHa WINGのWordPressかんたんセットアップを行う

プランの画面を下にスクロールすると「WordPressかんたんセットアップ」があります。

ConoHa WING WordPressかんたんセットアップ

次に「WordPressかんたんセットアップ」を活用して、WordPressブログを立ち上げます。

「WordPressかんたんセットアップ」は、WordPressブログを作るために必要な「サーバー・ドメイン・WordPressインストール・テーマ」を一括で契約・設定できるツールです。

これにより、ブログ構築が非常にスムーズに進みます。

WordPressかんたんセットアップの手順は以下の通り。

  1. WordPressかんたんセットアップ:「利用する」を選択する
  2. セットアップ方法:新規の場合は「新規インストール」を選択する
  3. 独自ドメイン設定:自分の好みの文字列を入力
  4. 作成サイト名:ブログ名を入力
  5. WordPressユーザー名:管理画面にログインするユーザー名
  6. WordPressパスワード:管理画面にログインするパスワード

「独自ドメイン」の欄には、自分が好きな文字列(ドメイン名)を入力または選択してください。また、「作成サイト名」の欄には、WordPressブログの名前を記入します。

後からでも名前の変更は可能です。ですから、まだブログの名前を決めていない方は、一時的な名前を入力しておくと良いでしょう。

WordPressの管理画面へのログインには「ユーザー名」「パスワード」が必須です。

これらの情報は後々必要となるため、忘れないように。また、セキュリティを確保するために、他人が推測しにくいユーザー名とパスワードを設定することが重要です。

最後にテーマを選択します。「以下はConoHa WINGがおすすめしているテーマ」

テーマとは、デザインテンプレートのような存在で、あなたのWordPressサイトの見た目やレイアウトを基本的に決定するものです。

「WINGパック」は、業界で最も人気のある有料テーマ「JIN:R」「JIN」「SANGO」「THE THOR」「THE SONIC」を特別割引価格で提供しています。

さらに、無料ながらも有料テーマに匹敵する高性能・多機能を持つ「Cocoon」もおすすめです。とりあえず、無料の「Cocoon」を選択して、あとから有料テーマに切り替えることもできます。

有料テーマの割引料金が適用されるのは新規で申し込んで、WordPressを開設したときだけでだから、注意してください!

テーマはWordPressの開設時だけが値引きの対象です。

お客様情報の登録・本人確認・レンタルサーバーの支払いをする

ConoHa WING お客様情報

お客様情報の入力します。

SMS認証が電話番号で本人確認を行います。

「SMS認証」をクリックする。

認証コードを入力してら「送信」をクリックする。

レンタルサーバー料金の支払いをする。

最終ステップとして、決済情報の入力します。選択可能な支払い方法は、クレジットカードとConoHaチャージの2つ。

ConoHaチャージとは、PayPayやAmazon Payを用いて事前に入金し、その残高を利用して決済するシステムです。

これにより、レンタルサーバーの申し込み、独自ドメインの取得、WordPressのインストール、そしてテーマのインストールが全て完了しました!

驚くほど簡単にWordPressブログを立ち上げることができました。

WordPressでブログ作る…まとめ

WordPressブログを作るための手順を解説しました。以下の準備が最低必要です。🔽

  • レンタルサーバー(ConoHa WING)を契約する
  • 独自ドメインを取得し(ConoHa WING)サーバーを紐付ける
  • レンタルサーバー(ConoHa WING)にWordPressをインストールする

ConoHa WINGのレンタルサーバーで、月数百円で手軽にWordPressを始められます。

WordPressでのブログやアフィリエイトサイトから収入を得るための初期投資は、昼食1回分と同じくらい。大きな負担とは言えませんね。

  • 月額費用は678円から
  • 独自ドメインが2つまで無料で使える
  • 有料人気テーマが特別価格で提供されている

初心者の方や、自信がない方、不安な方、すぐにWordPressをスタートしたい方は、たった数10分程度でできる「WordPressかんたんセットアップ」を使ってみましょう。

WordPressの初期設定

WordPressの基本的な初期設定を行います。

YouTubeには、この初期設定について詳しく説明した動画があります。その動画を参照して設定を進めてください。特に「4:15」からの部分が重要です。

出典元:ConoHa byGMO

WordPressブログで収益化

WordPressブログ収益化

WordPressブログを収益化するには、一般的な方法は「広告」の掲載です。これについて詳しく解説します。

広告にはいくつか種類があります。

  • アドセンス広告(Google AdSense)
  • ASPアフィリエイト(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)

アドセンス広告

アドセンス広告とは?

Googleが提供する広告配信サービス、Google AdSense(アドセンス)です。商品やサービスが購入されなくても、広告クリックだけで報酬が発生します。(クリック型報酬広告)

なので、初心者でも手軽に始められまが、Google AdSenseを使用する場合は、公式ページでの事前登録と審査の通過が必須となります。

審査が承認されれば、管理画面から特定の広告コードを取得し、それをWordPressブログに適切な位置に配置することで、広告が表示されるようになります。

Google AdSenseの公式ページは以下のリンクからどうぞ🔽

Google AdSenseの公式ページ

物販アフィリエイト

アフィリエイト初心者には、物販型ASPがベスト! 始めたばかりの人は、Amazonや楽天などの大手通販サイトのアフィリエイトプログラムを試してみてください。

多くの人がAmazonや楽天でお買い物をしていますし、サイトの広告から商品を購入するのも気軽です。これが成約へとつながりやすくなります。

ただ、物販型ASPの報酬は少し低めなのが難点です。

登録は以下の公式ページのリンクからどうぞ🔽

ASPアフィリエイト

ASPアフィリエイトは、企業の商品やサービスを紹介し、その紹介によって商品が購入されると報酬を受け取るという成果報酬型の広告システムです。

アフィリエイトは、初心者でも始めやすく、低いコストで運営できる点が魅力ですが、 Google AdSense(クリック型報酬広告)や物販型アフィリエイト(Amazon、楽天アフィリエイト)より報酬を得る難易度は高くなります。

簡単に言えば…

ASPアフィリエイト
  • インターネットの広告を自分のブログやサイトに貼ること。この広告から商品が買われるとお金がもらえるシステム。
  • 広告を出したい会社と、広告を載せたいブログの間をつなぐ仲介役。A8.netやアクセストレード、もしもアフィリエイト、afbなどが有名。
  • 始め方として、まず、ASPのサイトで登録。その後、自分のブログに広告を載せたいとき、ASPのサイトからコードをもらって、ブログに貼り付ける。

ASPを登録する

結論から、初心者は「A8.net・もしもアフィリエイト・アクセストレード・afb」への登録は必須です。

ASPの登録は無料なので、最低4つくらいは登録しておきましょう。

とは言え、登録に審査があります、それほど難易度は高くはありません。ブログサイトに一定量の記事があれば問題ありません。「記事数は10本以上、掲載していきましょう」

  • A8.net「案件数が圧倒的に多い」
  • もしもアフィリエイト「Amazon・楽天の提携が簡単にできる」
  • アクセストレード「(金融・保険・Eコマース・エンタメ・サービス業)に特化している」
  • afb「最低支払い額が低く、振り込みが早い」

A8.net

A8net TOPページ

A8.netは日本のトップASPの一つです。

ブログを通じての収益化を考えている方は、A8.netの登録は必須です。

その主な特徴として、他のASPに比べて提供されている案件の数が非常に多い点が挙げられます。多くの商品やサービスを紹介できるチャンスが増えることで、収益が期待できます。

案件多数!初心者におすすめ!

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト TOPページ

もしもアフィリエイトの一番の特長は、「Amazon」や「楽天市場」と手軽に提携できる点です。

例えば、Amazonや楽天で取り扱っている商品であれば、特定のASP案件がなくても収益を上げることができます。これにより、ブログを通じて簡単に収益を得ることができます。

さらに、管理画面からは、あなたのブログサイトに合わせたおすすめの案件を自動で教えてくれるので便利です。

Amazon点楽天の商品紹介におすすめ!

アクセストレード

アクセストレード TOPページ

アクセストレードは、金融や保険、Eコマースなどの特定の分野に強いASPです。

例えば、仮想通貨取引所の口座開設に関する案件は、他のASPよりも多く取り扱っています。

他のASPにはない独特な案件もあるので、求めている案件が他で見つからないときは、こちらを試してみてください。

金融や仮想通貨やエンタメに特化するなら!

afb

afb TOPページ

afbは、他のプラットフォームに比べて手厚い報酬制度を持ち、迅速な支払いが魅力のアフィリエイトASPです。

afbひろばをはじめとする多彩なサービスがあり、初心者や美容、脱毛、健康食品関連のアフィリエイターに特に適しています。

美容・脱毛など女性に向けた案件に強い!

ブログに広告を掲載する

ASPの登録ができたら、次に広告をブログに掲載します。広告を掲載して商品やサービスが売れない限り、収益は入りません。

ですが、広告の掲載は広告主の審査があります。中には審査なしという案件もありますが、基本的に審査があります。なので、審査に通過しないと自分が、これ紹介したいと思った案件もブログに掲載できません。

勝手に自分のブログに広告のリンクを貼ってはいけません。時々、このルールを知らないで勝手にやっている人もいるようです。

審査とは、どのようなものでしょうか?

審査の主目的は、信頼性の高い広告をユーザーに提供するとともに、不適切や詐欺的なサイトを排除することです。さらに、広告主の信頼性とブランドイメージを保ちつつ、成果報酬の不正取得を防ぐために出稿サイトは厳選されます。

ASPの広告提携審査を通過に必要な要素

  • 記事は10記事以上ある「広告による」
  • 1記事1000文字以上ある
  • 法令違反やASPの規約を遵守する「著作権やアダルト禁止」
  • 関連する商品・サービスの対象の記事を書く
  • 記事の更新をする「記事の量を増やす」

この審査が通過して、始めて収益化できるブログになるということです。

次の章から、ChatGPTを使って記事を書く方法を解説します。

ChatGPTでSEOに強いブログを書く方法【10の手順】

ChatGPT SEO ブログ

「ChatGPTを使ってブログを書く方法」は、ブログ運営者にとって革命的なことです。

ブログ記事を作成は、単なる文章の執筆だけでなく、目次の構成、タイトルの設定、想定読者の特定など、多岐にわたる工程が必要です。ChatGPTは、これらの工程を全てサポートすることができます。

例えば、タイトルと要約を入力して記事を生成したり、ブログの構成を入力して記事を書き進める方法などがあります。

では、どうすればいいのでしょうか?

ChatGPTに具体的な指示を出さないと、思い通りの答えは得られません。

ChatGPTに対する具体的な指示の技術は、プロンプトとして知られています。このプロンプトのスキルは、ブログ運営者にとって重要な資産となり、プロンプトエンジニアとも呼ばれています。

この章では、ChatGPTを使って、ブログ記事を完成させるための10の手順を画像を使って解説します。各パートでChatGPTに指示を出すプロンプトを紹介します。

手順通りに進めれば、SEOに強く、質の高い記事を作成できます。ぜひ、手順通りに進めてみてください。

10の手順は以下の通りです。

  1. キーワード選定
  2. ChatGPTでユーザーのニーズ(検索意図)を調査
  3. ChatGPTでユーザーのペルソナを想定
  4. ユーザーのニーズ(検索意図)を総合的にチェック
  5. ChatGPTで目次の構成を作成
  6. ChatGPTで記事を書く
  7. ChatGPTでタイトルの作成
  8. ChatGPTで導入文の作成
  9. 画像・装飾・広告の挿入
  10. 最終確認(ファクトチェック)し修正して投稿

ChatGPTを使ってブログ記事を完成させるまでを10の手順の通りに実践するので参考になるでしょう。

それでは実践開始!

① キーワードを選定しよう

キーワードを1つに絞り込んで、複数の語句を組み合わせたロングテールキーワードを狙うのがおすすめです。

ChatGPTを使ったキーワードリサーチは、ウェブサイトを検索エンジンで上位に表示させるためのSEO対策に欠かせないものです。

具体的には、ChatGPTを活用することで、ウェブサイトに最適なキーワードの候補を簡単に見つけることができます。

プロンプト🔽

①プロンプト

「◯◯(キーワード)」というキーワードのサジェストキーワードをリストアップしてください。また、キーワードをリストアップするために、オンラインで情報を検索するやり方と既存の知識を基にリストアップする2通りのやり方でリストアップしてください。

ポイント

プロンプトには、「オンラインで情報を検索する方法」と「既存の知識を基にリストアップする方法」の2つの手法で情報を整理するよう指示を追加しました。

なぜなら、ChatGPTが持つ知識と、ウェブサイトから検索して抽出されるキーワードは別物でした。このため、両方の情報源を組み合わせてキーワードを選ぶことで、読者が求めているキーワードをより効率的に探すことが可能になります。

ただし、ウェブ検索機能を利用するには、有料のChatGPTプラスへの加入が必要です。

キーワードをChatGPTからリストアップ

ChatGPTでキーワードをリストアップ
ChatGPT WebPilot

ChatGPTにプロンプトを入力。

「GPT-4(有料)を使用します」ウェブ検索が必要になるので、プラグインのWebPilotをインストールしておく必要があります。」

以下プロンプト🔽

「ChatGPT」というキーワードのサジェストキーワードをリストアップしてください。また、キーワードをリストアップするために、オンラインで情報を検索するやり方と既存の知識を基にリストアップする2通りのやり方でリストアップしてください。

ChatGPTの既存の知識を基にリストアップ🔽

ChatGPT 既存の知識 キーワード

続いて、ChatGPTでオンラインからリストアップ🔽
ChatGPTがプラグインのWebPilotを使用します。

ChatGPT オンライン キーワード

ChatGPTで2つの方法を用いてキーワードを抽出しましたが、得られたキーワードは全く異なるものでした。

《既存の知識を基にリストアップしたキーワード》

OpenAI・GPT-3・GPT-4・自然言語処理・人工知能・機械学習・ニューラルネットワーク・トランスフォーマーアーキテクチャ・ファインチューニング・テキスト生成

《オンラインで情報を検索しリストアップしたキーワード》

ブログ記事作成・マーケティング活用・API連携・無料 有料プラン・SEO対策・リリースの日・コスト削減・文体調整・構成案作成・マニュアル

「冒頭の(ChatGPT)は除外」

抽出結果から分かることは、ウェブ検索を使わなかった場合、幅広い(ざっくりした)キーワードを拾ってきているのに対し、ウェブ検索を使用した場合は、より深く現実的なキーワードをリストアップしています。

キーワードをキーワードプランナーで検索ボリュームを調べる
キーワードプランナー

次にChatGPTでリストアップしたキーワードの検索ボリュームを調整します。

赤枠で囲んだ「検索ボリュームと予測データを確認する」をクリックする。

キーワードプランナー データ

ChatGPTでリストアップしたキーワードを貼り付けて、「開始」をクリックします。

キーワードプランナー 検索ボリューム

キーワードの検索ボリュームを確認できます。「キーワードプランナーは広告をださないと、検索ボリュームがさっくりした数字しか確認はできません。」

一般的には、ラッコキーワードからサジェストキーワードを抽出します。ラッコキーワードを使用して、サジェストキーワードのリストも作成してください。

ラッコキーワード 全キーワード

「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックしてキーワードをコピーします。

ChatGPTを使用してキーワードを抽出し、それらのキーワードに対してキーワードプランナーで検索ボリュームを確認する方法と同様の手順で、検索ボリュームを調べてください。

キーワードを選択する

初心者が記事を上位表示させ、収益を得るためには、「検索ボリュームが500〜1000」のキーワードで記事を書くと効果的です。

簡易的なやり方でキーワードを探す、プロンプトも紹介!

キーワード選定は自分で行うと時間がかかることがあります。そこで、ChatGPTを活用することでキーワード選定を効率化する方法を解説しました。

さらに、より簡単にキーワードを調べたい場合のプロンプト例もご紹介します。

プロンプト🔽

①-1 プロンプト

「◯◯」に関連するSEOキーワードを10個調べてください。

①-2 プロンプ

あなたは優秀なウェブマーケターです。「◯◯」に関する、検索ボリュームが多く、競合が少ないキーワードをいくつか提案してください。

①-3 プロンプト

あなたは優秀なウェブマーケターです。「◯◯」に関連するロングテールキーワードで検索ボリュームが多く、競合が少ないキーワードをいくつか提案してください。

② ChatGPTでユーザーのニーズ(検索意図)の4分類を調査

ユーザーが何を求めているのか(検索意図)を理解しない限り、そのニーズに合った記事は作成できません。さらに、効果的な目次も組めません。その理由は、ユーザーが探している情報に対する適切な回答を提供できないからです。

ブログでユーザーのニーズ(検索意図)を無視することは、お店でお客さんのほしいものを無視して商品を売るようなものです。

例えば、雨の日に傘を持っていない人に傘を売ると、その人は助かりますし、お店にとっても売り上げが上がるんです。お互いにいい関係になれます。

でも、ファッションストアで買い物をするとき、店員さんにTシャツを買いたいと伝えたのに、なんとコートをすすめられたらどう思いますか。そしてそのコートのいいところについて、熱く説明されたらどう思うでしょう。

もっと言うと、ラーメン屋さんに入ってメニューを見たらカレーしかない。それは詐欺みたいなものですね。

ブログではこれに似たことが、よく起こります。

ユーザーのニーズ(検索意図)を理解しないでブログの目次の構成をするとユーザーにとって価値の無いブログになります。

なので、ユーザーのニーズ(検索意図)はしっかりと調査しましょう。

ユーザーが何を求めて検索しているのか考ましょう!

ニーズには顕在ニーズと潜在ニーズがあります。

  • 顕在ニーズ:ユーザーが自分でわかっているニーズ
  • 潜在ニーズ:ユーザーが自分で気づいていないが、心の中では知りたいこと

顕在ニーズだけでなく、潜在ニーズも意識します。

4つのニーズ(検索意図):ユーザーのニーズ(検索意図)はおもに、以下の4つに分類されます。

  • Know(知りたい)
  • Go(行きたい)
  • Do(やってみたい)
  • Buy(買いたい)

このニーズ(検索意図)を理解することで、ユーザーの満足する記事を作成することができます。

ChatGPTでニーズ(検索意図)の「顕在ニーズ・潜在ニーズ・4分類」を出力させます。

具体的なプロンプト例🔽

②プロンプト

「◯◯」で検索して、「◯◯」で検索するユーザーの検索意図(顕在ニーズ)と(潜在ニーズ)をオンライン「検索上位5サイト」で情報を検索するやり方と既存の知識を基にする2通りのやり方で下記の4分類で分けてください。

#分類 
KNOW(知りたい) GO(行きたい)DO(やりたい)BUY(買いたい)

#条件
・表で表示
・検索意図がない場合は空白にしてください
・キーワードとの関係性が強いものほど数字(★)を増やす

#出力フォーマット
| 検索意図 | 該当する顕在ニーズ | 該当する潜在ニーズ|関係性(★)|

ChatGPTでニーズ(検索意図)を顕在・潜在ニーズを4分類する

ChatGPTでニーズ(検索意図)を顕在ニーズと潜在ニーズの2つのカテゴリを4分類する
ChatGPT ニーズ検索意図)4分類

ChatGPTにプロンプトを入力。

ChatGPTがオンラインの情報と既存の知識からニーズ(検索意図)を出力してくれます。

オンラインでのニーズ(検索意図)を検索結果に基づく分類
ChatGPT オンライン ニーズ(検索意図)分類

「WebPilot」を使って情報を収集し、指示した通り「表」で出力しました。

ChatGPTの既存の知識に基づくニーズ(検索意図)を分類
ChatGPT 既存の情報 ニーズ(検索意図)分類

ChatGPTが指示した通りに4分類を検索意図の顕在ニーズ、潜在ニーズで抽出されました。

以下の表がChatGPTが出力した内容🔽

ChatGPTの既存の知識を基にした4分類表
検索意図該当する顕在ニーズ該当する潜在ニーズ関係性(★)
KNOW(知りたい)ChatGPTのブログ記事自動生成方法、SEO対策、活用方法ChatGPTの効率的な活用、ブログ運営の効率化★★★
GO(行きたい)
DO(やってみたい)ChatGPTを使ったブログ記事の作成、SEOに強い記事の作り方AIツールを使ったブログ運営の新しい方法の探求★★
BUY(買いたい)

オンラインで「ChatGPT」に関する検索意図を調査した結果
検索意図該当する顕在ニーズ該当する潜在ニーズ関係性(★)
KNOW(知りたい)ChatGPTの機能と活用方法AIによる文章生成の最新動向、ブログ運営の効率化★★★
GO(行きたい)
DO(やってみたい)ChatGPTを使ってブログ記事を作成する実践AI技術の活用、新しいコンテンツ作成の方法の探求★★
BUY(買いたい)

ChatGPTから出力された、ユーザーのニーズ(検索意図)を分析すると…🔽

オンライン検索結果と既存の知識を組み合わせると、「知りたい(KNOW)」と「やってみたい(DO)」のカテゴリーに関連する情報が目立ちます。

特に、ChatGPTのブログ記事の自動生成やSEO対策などに興味を持つ人々にとって、関連性の高い情報が多く存在します。

これらの情報をから以下のニーズ(検索意図)が具体化できます。

「ChatGPTブログ」で検索するユーザーは、「効率(時間と労力の節約)と効果(素早く質の高いコンテンツ)」の両方を追求しているように想像できます。

彼らが求めているのは、高品質なコンテンツを効率よく生成することで、ウェブサイトやブログが検索エンジンで上位に表示されるようにすることです。

その結果として、大きな利益を得たいという願望が推測できます。しかし、その目標を達成しようとする過程で、品質の維持やSEOの複雑さに悩んでいることがわかります。

ChatGPTを使うことで、ニーズ(検索意図)4分類は10分程度で調べることができました。

めちゃくちゃ、早い!

出力された、ニーズ(検索意図)はメモ帳やエクセルなどに、コピーしておいてください。

③ ChatGPTでユーザーのペルソナを設定

そもそも、ペルソナとは?

ペルソナとは?

ペルソナっていうのは、「商品やサービスを使う人々のイメージ」のこと。マーケティングの世界でよく使われる概念です。

この想像上の人物がいると仮定して、「年齢、性別、居住地域、職種、役割、収入、趣味、家庭状況、休日の過ごし方、ライフスタイルなど」実際に近い情報を設定します。

なぜ、ペルソナが必要なのか?

ユーザーについて深く理解するためです。これにより、ユーザーのニーズを満たすことがブログ記事のアクセスを伸ばし収益化しやすくなります。

なので、このペルソナをChatGPTで設定してもらいます。

具体的なプロンプト例🔽

③プロンプト

「◯◯」で検索するユーザーで、一番多いと思われる「年齢、性別、年収、性格、職種」(ペルソナ)を予想してください。また、オンライン「検索上位5サイト」で情報を検索するやり方と既存の知識を基にする2通りのやり方で出力してください。「WebPilotで検索する」

#出力条件
・ユーザーが求める「顕在ニーズと潜在ニーズ」をそれぞれ3つ予想する
・ユーザーが「◯◯」というキーワードを検索するに至った背景をストーリー性をもたせて考えて、「いつまでに、どうやって、どうなりたいのか」を予想し、顕在ニーズ・潜在ニーズを考慮して「どのような状態になると、ユーザーは幸せになれるのか」予想してください

「ChatGPTブログ」で検索するユーザーのペルソナを設定を実際にChatGPTで出力

ChatGPTにペルソナ設定させる
ChatGPT ペルソナ

ChatGPTにプロンプトを入力します。

ChatGPTがオンライン「検索上位5サイト」で情報を検索するやり方
ChatGPT オンライン 検索上位

ウェブで検索「WebPilotで」してペルソナを出力

ChatGPTの既存の知識を基に出力するやり方
ChatGPT 既存の知識 出力

ChatGPTの既存の知識で出力。

ChatGPTに指示した「ChatGPTブログ」で検索するユーザーのペルソナを出力できました。

以下がChatGPTで出力して内容🔽

ChatGPTの既存の知識を基にした分析

ペルソナの予想

  • 年齢: 25-35歳
  • 性別: 男性
  • : 400万円 – 600万円
  • 性格: 好奇心旺盛、学びたい意欲が強い
  • : IT関連、マーケティング

顕在ニーズ

  1. ChatGPTに関する最新情報の取得
  2. AI技術の理解と学習
  3. ブログやコンテンツの作成に役立つ情報の収集

潜在ニーズ

  1. キャリアアップやスキルセットの拡充
  2. 人工知能との連携による業務効率化
  3. 学びの楽しさと成長の実感

背景とストーリー

ユーザーは、新しい技術の波に乗り遅れないように、AIに関連する最新情報を常に取得したいと感じています。特にChatGPTに興味を持ち、その活用方法を学びたいと考えています。彼は、いつまでに次のプロジェクトでChatGPTを活用し、どうやってその技術を自分の業務に取り入れ、どうなりたいのかを明確にしています。

幸せになれる状態の予想

ユーザーは、ChatGPTの技術を自分の業務に取り入れ、業務効率化や新しい価値の創造に成功したとき、幸せに感じるでしょう。顕在ニーズ・潜在ニーズを満たすことで、自己成長とキャリアの向上を実感し、満足感を得ると予想されます。

次に、オンラインで検索した分析を行います。

ウェブ「WebPilot」での検索した分析

ペルソナの想定

  • 年齢: 20-40歳
  • 性別: 男女共通
  • 年収: 300万円 – 5000万円(プロンプトエンジニアとして活躍する人々もいるため)
  • 性格: 創造的、学びたい意欲が強い、技術志向
  • 職種: IT関連、教育、マーケティング、自治体職員など多岐にわたる

顕在ニーズ

  1. ChatGPTの基本理解: どのように動作するのか、どのように活用できるのかを知りたい。
  2. 具体的な活用方法の学習: 仕事の効率化、創作活動、教育など多岐にわたる活用方法を学びたい。
  3. 新しい職種への関心: ChatGPTを操る「プロンプトエンジニア」など、新しい職種への興味と関心。

潜在ニーズ

  1. 自己成長とスキルアップ: ChatGPTを学ぶことで、自己成長とキャリアの拡充を図りたい。
  2. 生活の質の向上: 仕事の効率化や創作活動など、日常生活の質を向上させたい。
  3. 社会的な影響と倫理的な考察: AIの活用による社会的な影響や倫理的な問題に対する理解と考察。

背景とストーリー

ユーザーは、ChatGPTの存在を知り、その多岐にわたる活用方法に興味を持ちました。仕事の効率化から創作活動、教育の支援など、様々な分野での活用が可能であることに驚き、自分の生活やキャリアにどう取り入れることができるのかを探求しています。新しい職種である「プロンプトエンジニア」への興味も強く、将来のキャリアパスとしても考えているかもしれません。

幸せになれる状態の予想

ChatGPTを自分の仕事や生活にうまく取り入れ、新しい価値を創造したり、効率化を実現したりすることができたとき、ユーザーは幸せに感じるでしょう。また、新しい技術を学ぶ楽しみや、それを通じての自己成長も大きな満足感につながると予想されます。

ChatGPTから出力されたペルソナを分析すると…

「ChatGPTブログ」で検索する人々は、20代から40代の技術に興味を持つ男女で、多岐にわたる職種から来ています。

彼らはChatGPTの動作や活用方法に興味を持ち、自分の仕事や生活にどう取り入れることができるのかを探求しています。

新しい技術を学ぶ楽しみや、それを通じての自己成長を求めており、ChatGPTを操るプロンプトエンジニアなど新しい職種への興味が強いです。

この技術を使って自分の生活やキャリアを充実させたいと考えていると予想されます。

出力した内容はメモ帳やエクセルなどに、コピペしておいてください。

④ ChatGPTで再検索キーワードからユーザーのニーズ(検索意図)を調査

手順②と③では、ChatGPTを用いて「ニーズ(検索意図)」の4分類や「ペルソナ」を出力し、それを基に目次の構成を考えることができます。

この段階でのニーズの理解は十分に可能ですが、さらに深くユーザーのニーズを把握するためには、再検索キーワードも重要です。

そこで、ChatGPTを用いて再検索キーワードを出力する方法についても解説します。

この再検索キーワードは、ユーザーが次に検索する可能性のあるキーワードをリストアップするもので、目次の構成を作成する際に役立ちます。

これにより、ユーザーのニーズをより正確に捉え、満たした内容の構築が可能になります。なので、再検索キーワードも調査します。

再検索キーワードとは…

「関連性の高い検索」として検索結果の最下部に表示されたりします。

Google 関連性の高いキーワード

ブログの目次を作るときには、読者が再度検索する可能性のあるキーワードも考慮しましょう。そのため、ChatGPTを使ってこれらの再検索キーワードも生成します。

具体的なプロンプト例🔽

④プロンプト

「◯◯(キーワード)」と検索したユーザーが、次に検索する可能性がある再検索キーワードをリストアップしてください。 また、オンラインで情報を検索するやり方「WebPilotで検索する」と既存の知識を基にリストアップする2通りのやり方でリストアップしてください。

ChatGPTで再検索キーワードをリストアップ

追加で再検索キーワードをChatGPTでリストアップ
ChatGPT 再検索キーワード

ChatGPTの既存の知識を基にキーワードをリストアップしました。

オンライン「WebPilotで検索」して再検索キーワードをリストアップ
ChatGPT WebPilot 再検索キーワード

「WebPilot」で再検索キーワードを出力。

出力した内容はメモ帳などにコピペしておきましょう。

以下がChatGPTで出力した内容🔽

ChatGPTの既存の知識を基に出力した再検索キーワード
  • ChatGPTの使い方
  • ChatGPTの最新バージョン
  • ChatGPTの応用例
  • ChatGPTと他のAIモデルの比較
  • ChatGPTの開発者
  • ChatGPTの技術的な詳細
  • ChatGPTを使用したプロジェクト
  • ChatGPTのライセンス情報
  • ChatGPTのコミュニティ
  • ChatGPTのチュートリアル

次にオンラインで検索し出力。

ChatGPTがオンラインで検索した再検索キーワード
  • ChatGPTでのブログカテゴリー作成方法
  • ChatGPTを使ったロングテールキーワードの生成
  • ChatGPTでのブログ投稿アイデアの生成
  • ChatGPTでの人気のロングテールキーワードの作成
  • ChatGPTを使ったYouTubeビデオのキーワードリサーチ
  • ChatGPTでのサブトピックの生成
  • ChatGPTでの人気のキーワードターゲット方法
  • ChatGPTを使ったYouTubeチャンネルのトピック生成
  • ChatGPTでのビデオタイトルとアウトラインの作成
  • ChatGPTを使ったSEO、Google Ads、PPC広告のキーワードリサーチ

ChatGPTから出力された、再検索キーワードを分析すると…🔽

ユーザーは、ChatGPTをどう使うのか、特にコンテンツ作成とマーケティングにどう活用できるのかを知りたいと考えている可能性が高いと考えている可能性が高いです。

具体的には、ブログのカテゴリーや目次構成の作成、ロングテールキーワードの見つけ方、YouTubeビデオのキーワード戦略などに関心があると推測されます。

この検索はブログ運営者やマーケター、コンテンツクリエイターなど、仕事でChatGPTを使いたい人々から来ている可能性があります。

なので、ユーザーはChatGPTの具体的な使い方を学び、自分のビジネスやプロジェクトにどう利用できるのかを理解したいと考えていることが想像できます。

ChatGPT出力した内容はエクセルやメモ帳にコピペしておきましょう。

⑤ ユーザーのニーズ(検索意図)を総合的にチェック

手順②と③では、ChatGPTを用いて「ニーズ(検索意図)4分類」と「ペルソナ」を出力しました。これに手順④の再検索キーワードを組み合わせることで、ユーザーのニーズ(検索意図)を総合的にチェックし把握することができます。

手順②と手順③と手順④を分析したものを、ChatGPTで更に分析してもらいます。

以下が手順②、手順③、手順④のまとめ 🔽

手順②ChatGPTでユーザーのニーズ(検索意図)の4分類を調査した結果

オンライン検索結果と既存の知識を組み合わせると、「知りたい(KNOW)」と「やってみたい(DO)」のカテゴリーに関連する情報が目立ちます。

特に、ChatGPTのブログ記事の自動生成やSEO対策などに興味を持つ人々にとって、関連性の高い情報が多く存在します。

これらの情報をから以下のニーズ(検索意図)が具体化できます。

「ChatGPTブログ」で検索するユーザーは、「効率(時間と労力の節約)と効果(素早く質の高いコンテンツ)」の両方を追求しているように想像できます。

彼らが求めているのは、高品質なコンテンツを効率よく生成することで、ウェブサイトやブログが検索エンジンで上位に表示されるようにすることです。

その結果として、大きな利益を得たいという願望が推測できます。しかし、その目標を達成しようとする過程で、品質の維持やSEOの複雑さに悩んでいることがわかります。

手順③:ChatGPTでユーザーのペルソナを設定した内容

「ChatGPTブログ」で検索する人々は、20代から40代の技術に興味を持つ男女で、多岐にわたる職種から来ています。

彼らはChatGPTの動作や活用方法に興味を持ち、自分の仕事や生活にどう取り入れることができるのかを探求しています。

新しい技術を学ぶ楽しみや、それを通じての自己成長を求めており、ChatGPTを操るプロンプトエンジニアなど新しい職種への興味が強いです。

この技術を使って自分の生活やキャリアを充実させたいと考えていると予想されます。

手順④:ChatGPTで再検索キーワードからユーザーのニーズ(検索意図)を調査

ユーザーは、ChatGPTをどう使うのか、特にコンテンツ作成とマーケティングにどう活用できるのかを知りたいと考えている可能性が高いと考えている可能性が高いです。

具体的には、ブログのカテゴリーや目次構成の作成、ロングテールキーワードの見つけ方、YouTubeビデオのキーワード戦略などに関心があると推測されます。

この検索はブログ運営者やマーケター、コンテンツクリエイターなど、仕事でChatGPTを使いたい人々から来ている可能性があります。

なので、ユーザーはChatGPTの具体的な使い方を学び、自分のビジネスやプロジェクトにどう利用できるのかを理解したいと考えていることが想像できます。

ChatGPTで上記の内容を、分析します。

分析したプロンプト🔽

⑤プロンプト

以下の手順②、手順③、手順④を読み込んで、「ChatGPTブログ」で検索するユーザー(検索意図)を分析してください。

ChatGPTでニーズ(検索意図)分析

ニーズ(検索意図)の分析プロンプト
ChatGPT ニーズ(検索意図) プロンプト

手順②、手順③、手順④をChatGPTで分析する。

手順②、手順③、手順④をChatGPTにコピペ
ChatGPT コピペ

メモ帳やエクセルなどでコピーしていたペルソナや検索意図を、ChatGPTに全て貼り付けてからエンターを押し、分析を行います。

手順②、手順③、手順④をChatGPTで分析した結果

ChatGPTでユーザーのニーズ(検索意図)を総合的に分析した結果🔽

  • 「ChatGPTブログ」で検索するユーザーは主に、高効率かつ高品質なコンテンツ生成に関心を持つ層で、特にSEOと品質管理に重点を置いています。
  • 彼らは新しい技術の学習とキャリア開発に関心を持ち、それによる自己成長と楽しみを追求していると考えられます。
  • ビジネスとプロジェクトにChatGPTをどう活用するかに集中し、特にコンテンツマーケティングの側面での応用を考慮していると見られます。

この分析から、コンテンツ提供者は、ChatGPTの実用的なガイドや効率的な利用方法、SEO対策、キャリア開発に関連する情報を提供することで、このターゲット層のニーズに応えることができるでしょう。

ChatGPTの分析でもれているニーズ(検索意図)もあると思いますので、最終確認は必ずしましょう。

以下はChatGPTと私の考えを組み合わせて全体的に分析した結果🔽

この分析結果からわかることは、ChatGPTを使用することで「時間をかけずに高品質なブログ記事を書きたい」という願望があるということです。その目的を達成するためには、ChatGPTで使用するプロンプトを学ぶ必要があります。

ブログライターとして、SEOに強い記事を書きたいという要望もあります。また、プロンプトエンジニアになりたいという顕在ニーズも確認できます。

潜在的には、ChatGPTを使ってブログでより多くの利益を得たいという思いがあるようです。さらに、プロンプトエンジニアとしてのスキルを磨き、自身のキャリアを向上させて収入を増やしたいという希望も感じられます。

「ChatGPTを用いてブログで収益を上げる方法」「プロンプトの作成手順」、そして「ChatGPTを活用した高品質なブログ記事の執筆方法」に対するニーズが高まっていることが確認されました。

ユーザーの求めている情報(検索意図)を理解することができました。次に、手順②から手順④を順に実行し、その結果として出力された回答の分析を行うためには、20〜30分の時間で十分です。

ChatGPTを使用しない場合、この作業には約3時間以上もかかるでしょう。

ただし、ChatGPTから得られた内容だけを鵜呑みにせず、自分自身の考えも加えて修正するよう心がけてください。

この分析結果からブログで最も重要な、目次の構成を作成します。

⑥ ChatGPTで目次の構成を作成

検索上位10サイトを参考にして目次の構成を作ります。この方法を選ぶ理由は、これらのサイトがSEOによって検索上位に表示されているからです。

検索上位に表示されるということは、ユーザーの需要、すなわち、彼らの検索意図(ニーズ)を満たしていると見なすことができるためです。

したがって、これらのサイトを参考にして目次の構成を考えるのが良いと判断します。

ラッコキーワードから検索上位10サイトから見出しを抽出

検索上位10サイトの目次をラッコキーワード(無料ツール)で抽出する。

ラッコキーワードはこちら

ラッコキーワードで検索上位10サイトの見出しを抽出

ラッコキーワードで検索上位10サイトの見出しを抽出
ラッコキーワード 検索10位

検索窓に「ChatGPTブログ」と入力して「見出し抽出」を選択し検索をする。

「ChatGPTブログ」の見出しの抽出
ChatGPTブログ 見出し 抽出

H2、H3を抽出します。

CVSでダウンロード
ラッコキーワード CSV

「CVSダウンロード」をクリックする。

ダウンロードした見出しをスプレッドシートに貼り付ける
ラッコキーワード CSV  コピペ

ダウンロードCSVを開いて、シートごとコピーします。

ラッコキーワード スプレッドシート 見出し コピペ

スプレッドシートもしくは、エクセルなどに貼り付けます。

スプレッドシートに貼り付けた見出しを整理
ラッコキーワード スプレッドシート見出し 貼り付け

「ChatGPTブログ」のキーワードと関係のない見出し「黄色の枠」は削除します。

スプレッドシート(エクセル)で見出しを整理しておいたほうが、わかりやすくなります。これで、「ChatGPTブログ」のキーワードで検索上位10サイトから見出しを抽出できました。

「ラッコキーワード・ユーザーのニーズ(検索意図)・ペルソナ・キーワード」から目次構成を作成

見出しをChatGPTに読み込ませて、その後に目次の構成を出力させます。

目次の構成を作成するプロンプトが以下2つです。

見出しを読み込ませるプロンプト🔽

⑥プロンプト

以下の見出しを読み込んでください。
読み込みだけで、出力は必要ないので、読み込みが完了したら「完了」とだけ回答してください。

目次
“”” 「ラッコキーワードで出力された1位サイトの見出しをコピペ(スプレッドシートにコピペしたもの)」”””

上位10サイトの見出しを全てChatGPTに入力しても文字量が多いので分割します。「2分割か3分割にしてください」

目次の構成を書き出すプロンプト🔽

⑦プロンプト

◯◯の分野のプロとして、◯◯の初心者でも理解しやすいように、読み込んだ見出しを目次の構成として1つにまとめてください。

#条件1
・「調査した検索意図・ペルソナ・関連キーワードなどをコピペ」に関連する見出しを重要視する
・重複するまたは似ている見出しは削除し、単一の見出しにまとめて、統合した見出しの数を()に記載
・h2とh3の見出しの関連性が高いものを見つけ、それらを並び替える

#条件2
・目次の構成の順番は以下を参考にする
①基礎知識
②メリットとデメリット
③具体的な例・評価や口コミ
④やり方・選び方
⑤危険性と対処方法
⑥手順
⑦おすすめ(製品やサービスの申し込み)
⑧まとめ

#マークダウン形式「条件で指定した目次構成の(①基礎知識など)は表記しない」

h2
  h3
h2
  h3

プロンプトの解説

プロンプトの説明

条件1では「調査した検索意図・ペルソナ….」は事前に調査分析し保存しておいたデータ(メモ帳やエクセルなどにコピペしているもの)から選び、必要な部分を貼り付けてください。

条件2は、目次の構造を自分の希望通りに整えるためのものです。特定の構成を求める場合、この条件を指定することで希望する目次構成を作成できます。(今回の目次構成は基本的なテンプレートです)

条件を変えることで、出力内容を自分の求める内容にすることができます。

それでは、目次の構成を作ってみましょう!

目次の構成をChatGPTで出力させる。

ラッコキーワードで抽出した見出しを読み込ませる
ChatGPT ラッコキーワードキーワード 読み込み

⑥プロンプトを入力し、ChatGPTに見出しを2分割(または、3分割)し読み込ませる。

読み込みが完了しました。

目次の構成を作成
ChatGPT 目次構成

プロンプト⑦を入力し「赤枠」に事前に調査分析してメモ帳などにコピペしておいた、ユーザーのニーズ(検索意図)・ペルソナ・関連キーワードなどを必要だと思う部分を貼り付けて出力させる。

ChatGPTが目次構成を出力
ChatGPT 目次構成 出力

指定した形式に従って、目次の構成が正しく出力されました。

ChatGPTで実際に出力された、目次構成を確認してみましょう!

ChatGPTで出力した目次の構成

h2: ChatGPT(チャットGPT)とは?
   h3: 言語モデルの基本

h2: ChatGPTを使用したブログ執筆のメリットとデメリット(2)
   h3: メリット(できること、使い道など)
   h3: デメリット(注意点など)

h2: ChatGPTでブログを書いてみた感想
   h3: 結果
   h3: 考察

h2: ChatGPTをSEOで活用する方法
   h3: 関連するキーワードを探す
   h3: キーワード戦略を調査する
   h3: ロングテールキーワードを提案させる
   h3: SEOに強いタイトルを作る「ChatGPT」プロンプト4選
   h3: SEOに強い記事本文の作成に役立つ「ChatGPT」プロンプト6選

h2: ChatGPTでブログを書く際の注意点
   h3: 記事の執筆時間を短縮できる
   h3: 記事構成作成
   h3: 見直しと修正

h2: ChatGPTでSEO対策されたブログ記事が書けない理由
   h3: タイトルと見出し構成は自分でリサーチする
   h3: 自動生成された内容が正しいか自分で判断する必要がある

h2: ChatGPTでSEO記事を作成するための手順
   h3: 記事のアウトラインを生成させる「ChatGPT」プロンプト4選

h2: 「Transcope」ならSEOに強い記事を自動生成できる
   h3: 「Transcope」とは
   h3: 「Transcope」の特徴
   h3: 「Transcope」の機能
   h3: 「Transcope」の無料体験ができる

h2: まとめ
   h3: ChatGPTを利用する目的を忘れずに
   h3: ChatGPTは無料で利用できる?
   h3: GPT4を利用するには課金が必要

指定された条件に基づき、内容を整理しました。上記の目次は、ChatGPTを使用したブログ執筆に関連する基本知識、メリットとデメリット、具体的な使用例、SEO対策の方法、注意点、手順などに焦点を当てています。

目次構成のたたき台が簡単にできました!

⑦ 目次の内容の修正と並び替え(人の目でチェックする)

目次の構成のたたき台ができたので、実際に自分でチェックし修正します。

見出しを抽出する際にラッコキーワードで検索上位10サイトを確認します。見出しを確認し全く同じ見出しになってないか。目次の順番は変更しなくてよいのかチェックします。

修正した目次の構成

h2: ChatGPT(チャットGPT)とは?
   h3: 言語モデルの基本

h2: ChatGPTを使用したブログ執筆のメリットとデメリット(2)
   h3: メリット(活用方法と可能性)
   h3: デメリット(リスクと対策)

h2: ChatGPTでブログを書いてみた感想
   h3: ChatGPTでブログを書いた驚きの結果! 
   h3: ChatGPTブログの考察「新しい可能性を探る」

h2: ChatGPTをSEOで活用する方法
   h3: 関連するキーワードを探す
   h3: キーワード戦略を調査する
   h3: ロングテールキーワードを提案させる
   h3: 「ChatGPT」で効果的なSEOタイトルを作る方法【おすすめプロンプト3選】
   h3: 読者を引きつける「ChatGPT」の力【SEOに強い記事本文の作り方、厳選プロンプト5選】

h2: ChatGPTでブログを書く際の注意点
   h3: 記事の執筆時間を短縮できる
   h3: 記事構成作成
   h3: 見直しと修正

h2: ChatGPTでSEO対策されたブログ記事が書けない理由
   h3: タイトルと見出し構成は自分でリサーチする
   h3: 自動生成された内容が正しいか自分で判断する必要がある

h2: ChatGPTでSEO記事を作成するための手順
   h3: 読者の心に届く!ChatGPTで作る記事のアウトライン、おすすめプロンプト4選

h2: 「Transcope」ならSEOに強い記事を自動生成できる
   h3: 「Transcope」とは
   h3: 「Transcope」の特徴
   h3: 「Transcope」の機能
   h3: 「Transcope」の無料体験ができる

h2: まとめ
   h3: ChatGPTの活用と可能性
   h3: ChatGPT使用したSEO戦略
   h3: ChatGPTを用いた執筆の注意点と課題

ChatGPTを使用したブログ執筆のメリットとデメリットは(2)とあるので、2つのブログ記事で見出しとして使用されており、目次の始めの部分に配置されているため問題ありません。今回の場合、目次の順番を修正する必要はないと判断できます。

太文字で赤ペンアンダーラインを修正しました。

実際に目次を構成を以下の点から修正しました。

  • 検索上位にあるブログからの見出しをそのままコピーして使っている部分があるので、オリジナルな表現にする
  • 不要な見出しは取り除いて、記事をすっきりさる
  • まとめ内容も目次に合わせて変更する

見出しの内容を確認したところ、調査したブログ記事と同じものが出力されていたため、読者に訴えかける新しいオリジナルな見出しに変更しました。

便利ツールの紹介部分は取り除いています。私が実際に使用したことがないため、その品質が良いかどうか確認できないからです。

最後に、目次の構成がズレていたので、それを修正しました。これにより、読者にとってより整理された内容となりました。

これで目次の構成が出来上がりました。次からは記事の作成に入ります。

⑧ ChatGPTで目次ごとにPREP法で記事を作成

ChatGPTを使うことにより、記事の執筆時間を大幅に短縮することができます。ただし、効果的な文章を作成するには特定のフレームワークが必要です。

そのため、PREP法を用いて、より構造的でわかりやすい文章を作成するようにします。

PREP法とは何?

そもそもPREP法とは文章をわかりやすく伝えるための型(フレームワーク)です。PREP法を活用することで、わかりやすく説得力のある文章が書けます。

PREP法は以下の構成で文章を作成します🔽

  • Point(結論):最初に結論を述べる
  • Reason(理由や根拠):その結論になった理由を書く
  • Example(具体例):その結論になった理由を具体例を書く
  • Point(結論):最後にもう1度結論を述べる

「PREP法(プレップ法)」は、文章を構成する各パートの頭文字をまとめた言葉です。

なので、PREP法を使ってChatGPTに文章を執筆させるためのプロンプトを解説します。

前章で作成した目次ごとに記事を作成していきます。

記事作成のプロンプト🔽

⑧プロンプト

「見出し(作成した目次)をコピペ」

上記の見出しについて
・結論
・理由や根拠(国や自治体や信頼できる機関が提供するデータがあればそれを掲載する)
・具体例や実例
・結論(最後に結論ずけてまとめる)

この順序で◯◯のプロ視点から、読者にわかりやすい文章を書いてください。箇条書きによるポイント整理、表を用いた情報の視覚化を必要に応じて使ってください。
必ず、WebPilotで検索した文章も書き出してください。

文末は「です」や「ます」は連続して使わないでください。 また、他のブログ記事を文章がかぶらないように、文脈など配慮してオリジナルな文章で書き出してください。

ChatGPTで目次ごとに記事を作成する。

ChatGPTで目次を記事にする
ChatGPT 目次 記事

⑧プロンプトを入力します。

ChatGPTでPREP法で記事を自動生成
ChatGPT PREP法 記事自動生成

PREP法を使用して記事を執筆しました。

理由や根拠については、各国や信頼できる機関から得たデータを基に詳細に記述しました。

ChatGPTで自動で記事の作成が完了
ChatGPT 記事完了

プロンプトで指示された内容に従って文章を作成しました。また、表形式でも情報を整理して表示しました。

PREP法を用いることで、内容が深まります。さらに、検索した10サイトからの情報を参照し文章を作成します。こうすることで、ChatGPTを使用しても、他のブログと同じ文章を生成する可能がかなり下がります。

ですが、ChatGPTから出力された文章が正確で重複していないかどうか、慎重にチェックすることは重要です。

何度もの試行錯誤を経て気付いたのは、複雑で長い見出しを使うと、ChatGPTで自動生成した文章が平凡になったり、意図と少しズレたものになったりすることがあるということです。

その解決策として、プラグイン機能のWebPilotを活用し、最新の情報を検索しながら記事を書く方が、より効果的であることがわかります。

さらに、例え話(比喩)を使うことで読者にとってわかりやすく、独自性のある記事を作成することができます。

このような手法を積極的に取り入れることで、より魅力的な記事の執筆ができます。

例えば話(比喩)のプロンプト🔽

⑨プロンプト

「〇〇」について、「◯◯でもわかるように」例え話し(比喩)を使って教えてください。

#例え話
・「◯◯例えに使いたい事」で例え話を作ってください

ChatGPTで例え話を作成する。

ChatGPTで例え話(比喩)を作成
例え話 ChatGPT

⑨プロンプトを入力🔽 「 」を指定することで、自分の好みにあった例え話が作れます。

「ChatGPT」について、「中学生でもわかるように」例え話し(比喩)を使って教えてください。
#例え話 ・「勉強」で例え話を作ってください。

簡単にそれっぽい、例え話を作れます。記事内に適切に入れ独自性を高めましょう。

⑨ ChatGPTで記事タイトルと導入文(リード文)を作成

記事のタイトルを作ります。

記事タイトル作成のプロンプト🔽

⑩プロンプト

「〇〇」に関連するキーワードで検索するユーザーが興味を引き、記事をクリックする確率を高める魅力的なタイトルを10個作成してください。

参考までに…

ブログのタイトルは基本32文字以内にすることが推奨されています。したがって、「プロンプトに32文字以内で」の指示を追加することも考慮に入れると良いでしょう。

ただし、32文字以内という制限は、あまりに簡潔なタイトルを作成する可能性があるため、ケースバイケースで対応する必要があります。

次にブログ記事を読んでみたと思う、興味を引く導入文(リード文)を作ります。

興味を引く導入文(リード文)のプロンプト🔽

⑪プロンプト

「〇〇」について検索するユーザーに対して、この記事を読むことで自分に、どれほど役立つかを強調する、心をつかむ導入文(リード文)を1000文字以内で構築してください。

#導入文(リード文)の内容
・記事を通じて得られる具体的な解答や結論
・「〇〇」検索するユーザーの問題や疑念に応える内容
・この情報や手法によってどのように問題が解決したかの事例
・この情報や手法を利用することで得られるメリットベネフィット

文末は「です」や「ます」は連続して使わないでください。 また、他のブログ記事を文章がかぶらないように、文脈など配慮してオリジナルな文章で書き出してください。

記事タイトルと導入文(リード文)の作成。

ブログ記事タイトルの作成
ChatGPT ブログタイトル

⑩プロンプトを入力。10個のタイトル案ができたので、自分のブログに最適なタイトルを選びましょう。

また、ブログ記事のタイトルは非常に重要な要素です。そのため、選定する際には検索した10サイトのタイトルも参考にしてください。

導入文(リード文)の作成
ChatGPT  導入文

⑪プロンプトを入力。

導入文(リード文)完成

魅力的な導入文(リード文)の作成が簡単にできました。導入文(リード文)はブログ記事の大切な要素であるため、2〜3回出力して最適なものを選ぶと良いでしょう。

タイトルと同様に、導入文(リード文)の作成には、他の10サイトの導入文(リード文)を参考にすることをおすすめします。

これでブログ記事がほとんどできました。次は最後の仕上げの装飾や広告の挿入、記事の最終確認を行います。

⑩ 画像・広告の挿入し最終確認(ファクトチェック)し修正して投稿

h2見出しの下に画像を挿入します。

h2見出しの下に適切な画像を挿入する理由は、文章だけではなく画像を通じて情報を伝えるためです。このような画像があれば、記事の内容を想像しやすくなり、伝えたいことがより明確になります。

また、アイキャッチとしての効果もある…

文字だけのコンテンツはユーザーに飽きられることがあるため、画像を使うことで視覚的な興味を引きつける効果が期待できます。

これをアイキャッチと呼び、人々の注意を引くための効果的な手法です。なので、h2見出しの下には画像を挿入しましょう。

ブログに広告を挿入する。

広告の挿入はブログの重要な部分です。適切な場所に配置することが求められます。以前の章で広告について詳しく解説しているので、そちらを参照してください。

WordPressで収益化へジャンプ

広告はクリックされなければ、ブログ運営者にとって収益になりません。だからこそ、ユーザーが興味を持つであろう場所に、控えめに配置することが重要です。

無関係な場所に広告があると、ユーザーにとってはただの邪魔な存在でしかありません。

なので、ユーザーの立場に立って、無計画に広告を貼るのは避け、適切な場所に配置することを意識し、ユーザーを最優先に考える行動を心がけましょう。

常にユーザーファーストです….

記事の最終確認(ファクトチェック)をする。

最後に記事に誤りがないか、最終確認をお願いします。ChatGPTが間違った情報を出すことも、あるので、注意が必要です。

各見出しに対してはチェックを行いますが、最終的な確認(ファクトチェック)も忘れずに実施してください。

ChatGPTを使ってブログ記事を作成するプロセスを、10のステップで実際に行いました。プロンプトと共に抽出された画像を駆使して解説したため、内容がより理解しやすくなったのではないでしょうか。

この手順に従えば、短時間で高品質な記事を作成することができます。ぜひ一度、お試しください。

ChatGPTを活用したブログの魅力

ChatGPTをブログ作成に使うと、効率的にしかもクリエイティブな内容を作りだすことができます。ChatGPTをうまく使うことで、ブログの訪問者数や満足度が向上します。

理由として、以下のことがあげられます。

  • 効率的な執筆:ブログの執筆時間が大幅に短縮できる
  • 信頼性:多くの専門家や研究機関が効果を認めている
  • 企業ブログ事例:製品説明やサポート内容の自動生成
  • 個人ブログ事例:趣味や専門分野に関するブログで、記事を効率良く生成し、読者を増加させた

また、ChatGPTを活用してブログを書く方法」は現在、Kindleでも販売されています。ChatGPTを使うことは、ブログ運営者にとって次第に一般的な手法となってきています。

ブログ執筆時間の短縮と低コストで利用可能

何といってもブログ記事作成にChatGPTを使う一番の理由は?

ブログの執筆時間を大幅に短縮することができ、低コストで利用できることです。とは言え、適切に活用するためには、人の手による修正も必要なのが現実です。

なぜなら…

  • ブログ記事のアイデア出し・キーワード選定・文章の執筆・添削など自動で行える
  • 無料で使用できる(GPT-4は有料)外注費の削減
  • 文章の校正、誤字脱字や文法の間違いを指摘し、正しい表現を提案してくれる
  • 回答は全てが正確ではないので、ファクトチェックが必要
  • オリジナルティに欠ける文章が生成させる可能性がある

例えば、SEO対策すべきキーワードの抽出や、ターゲットや内容を指示すると、数秒でタイトル案や構成案を作成します。

タイトル生成を具体例としてあげると、「ヤフオク売れない」とういキーワードで記事タイトルを5つ考える指示をすると、10秒程度でタイトルを提案してくれます。

なので、ChatGPTの活用は、ブログ記事作成の効率化に貢献しますが、情報の正確性とオリジナリティを保つために、ChatGPTの生成した文章をそのまま使用するのではなく、人の手でブラッシュアップしていくことが重要です。

ChatGPTを使ったブログ運営の注意点

前章でも少しふれましたが、ChatGPTをブログ運営に活用することは、記事の執筆時間の短縮や美しい文章の生成など、多くのメリットがあります。

しかし、自動生成された内容の正確性の確認、オリジナリティの追求、最新情報の取得など、注意が必要な点も存在します。

オリジナル性が確保されているか

ChatGPTを使ってブログを運営する際、自分独自の特色を打ち出すことは、ブランドの信頼と知名度向上のカギとなります。

しかし、ChatGPTは大量のデータから文章を生成するため、時折、似たような内容の文章が作成されることがあります。この問題を解決するには、自分の視点や分析する必要があります。

そうすることで、他のブログとは一線を画した特別な内容をユーザーに提供することができます。

自然な文章で執筆できているか

ChatGPTは、膨大なデータを基に流暢で自然な文章を生成する能力を持っています。しかし、その中には不自然な表現や文法の誤りが混じることもあるため、注意が必要です。

このような問題を解消するために、生成された文章の修正が欠かせません。

人間らしさを欠いた文章は、読者にとって読みにくく、不快に感じます。だからこそ、文章の自然さと正確さに気を付けることが重要です。

情報は正確なのか?

ChatGPTの答えはいつも正しいわけではなく、間違いや偏りがあることもあるのです。これは、ChatGPTが2021年9月までのデータしか学習していないためです。

ChatGPTで得た情報を使うときや、2021年9月以降の情報を知りたいときは、その情報が正しいかどうかを自分で確認しましょう。

最新の情報を得るためには、ウェブサイトで情報を探す方法があります。プラグインのWebPilotを使うと、ウェブ上の情報を簡単に取得できます。

しかし、ウェブ検索で見つけた情報も必ずしも正確とは限らないので、情報の真偽を確かめるファクトチェックが必要です。

ChatGPTを使ったブログの成功事例

ChatGPTの活用により、ブログのコンテンツ生成が効率化され、多くのブログ運営者が成功を収めています。

実例として…

  • ブログA:ChatGPTの導入により、月間訪問者数が2倍に増加。特に、質の高いコンテンツ生成が評価されました。
  • ブログB:カスタマイズされたChatGPTモデルを使用して、ターゲット層に合わせたコンテンツを提供。結果として、ユーザーのエンゲージメントが50%向上しました。

ChatGPTを使うことは、ブログ運営者にとって非常に有効な手段です。このツールによって、記事の作成が効率化され、訪問者数も増加する実績があります。

ブログ業界に新しい変化をもたらす可能性があり、ChatGPTを使うことで、ブログ運営者は自分で新しい価値を創り、成功への道を開くことができます。

ChatGPTでブログ記事作成も手間だと感じる方向け【AIツール3選】

AIライティングツールの進化が目覚ましく、今や多くの人々の注目を集めています。中でも、AIブログ記事作成ツールを使ってみたくなることは多いものですね。

ChatGPTも便利ですが、意外と手間がかかることがあるため、もっとブログ記事作成に特化したAIライティングツールはないのかと感じることがあるかもしれません。

しかし、初めての方には具体的にどのようなライティングツールが存在するのか少し難しいかもしれません。実際には、ChatGPTだけでなく、他にも多くの便利なAIライティングツールが存在しています。

これらのツールやテクニックを効果的に使えば、ブログ記事の品質が格段に向上し、文章作成にかかる時間も短くなります。

おすすめのAIツールを3つ紹介します。

  1. Transcope(トランスコープ)
  2. Catchy(キャッチー)
  3. SAKUBUN

1:Transcope(トランスコープ)

AIツール Transope(トランスコープ)
出典:Transope(トランスコープ)

Transope(トランスコープ)は、SEOに強い文章を生成する文章生成AIです。

特徴は以下の通り🔽

  • 競合サイトの分析を行いつつ、SEOに優れた文章を作成
  • AIの言語モデルはGPT-4を利用
  • AIの待ち時間ゼロ(文章生成時間を待つ必要がない)
  • マルチモーダな入力(テキストだけではなく、URL、画像ファイルなどでも可能)

Transcope(トランスコープ)の裏側で動いているAIはGPT-4を使っているので、高いパフォーマンスです。かなり高性能なAIブログライティングツールです。

無料で利用することも可能ですが、1ヶ月あたりの制限が4000文字(約1記事分)となっているため、ブログ記事をTranscope(トランスコープ)で作成する際は、有料版の利用がおすすめです。

もしChatGPTの無料版(GPT-3.5)を使っている方で、有料のGPT-4にアップグレードを検討している場合は、Transcopeとも比較してから判断することをおすすめします。

有料プラン🔽

  • Basicプラン(11,000円/月):50,000文字/月の生成
  • proプラン(38,500円/月):250,000文字/月の生成

いつでも解約でき、最低契約期間は1ヶ月

月額料金は少々高めですが、その分、性能が非常に優れています。

途中での解約も可能なので、一つの手段として、ブログサイトの設計を完了させて必要な記事のテーマを事前に決めておき、1ヶ月で下書きを完成させるという方法も考えられます。

継続するかどうかは、1ヶ月の使用の間に判断するのがおすすめです。

初月の料金だけがリスクで、1ヶ月以内に解約も可能なので安心ですね!

Transcope(トランスコープ)を解説した記事は下記からどうぞ🔽

2:Catchy(キャッチー)

AIツール Catchy
出典:Catchy(キャッチー)

Catchy(キャッチー)は、AIを活用した画期的なツールで、簡単な情報を入力するだけで記事の作成やキャッチコピーの生成、画像の自動生成が可能です。NHKや日本テレビ、TBSなど、多くのメディアで取り上げられたことで注目を集め、ユーザー数が70,000人を超える人気ツールとなっています。

Catchyの特徴は100種類以上の生成ツールが使えます。

特徴は以下の通り🔽

  • 広告
  • 資料作成
  • webサイト制作
  • セールスレター
出典:Catchy(キャッチー)

無料プランでも利用することができますが、その範囲は1ヶ月に10クレジットまでとなっています。

このサービスには100種類の生成ツールがあります。それぞれのツールで文章を一度作成するごとに1クレジットから4クレジットが消費されます。

したがって、ブログの記事を作成する際には、10クレジットではすぐに使い切ってしまう可能性が高いため、有料プランの利用が現実的と言えます。

有料プラン🔽

  • Starterプラン:100クレジット(3,000円/月)〜300クレジット(8,100円/月)
  • Proプラン:無限に使える(9,800円/月)

Catchy(キャッチー)は、内容と価格のバランスが非常に優れています。1ヶ月の有料プランを試してみて、もし満足できなければ、解約も簡単です。

3:SAKUBUN

AIツール SAKUBUN
出典:SAKUBUN

「SAKUBUN」は、先進のAI技術を駆使して、素早くかつ効果的な文章を作成するライティングサービスです。

独自のテンプレートを使うことで、ターゲットに合った魅力的な内容を効率よく、かつ高品質に作成し、時間と労力を大幅に節約できます。

特徴は以下の通り「他サービスを比べた強み」🔽

  • 文字数あたりのコストが安い
  • 独自のエディター機能
  • プロジェクト管理機能
  • チームで編集できるワークスペース機能

「SAKUBUN」は多様な業界とジャンルで対応が可能です。特定のニーズや目標に応じて、最適な文章を生成します。

特に、以下のような分野での活用が考えられます。

  • 記事の執筆
  • 広告コピーの作成
  • SNSの投稿内容

無料プランで10,000文字まで使えるため、他のサービスに比べて無料で利用できる範囲が広く設定されています。

有料プラン🔽

  • Personalプラン:(2,980円/月)利用文字数100万文字まで・GPT3.5/4を使用
  • Standardプラン:(9,800円/月)無制限で使い放題・GPT3.5/4を使用
  • Teamプラン:(30,000円/月)プロジェクト数が無制限・GPT-4を中心に使用

まとめ

この記事では、ブログをゼロから始めて収益を得るまでのステップバイステップのガイドを提供しています。

特に、初心者にもわかりやすいように、ブログの基本設定からASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の選び方までを網羅しています。

さらに、ChatGPTを活用してSEO対策を強化する方法も具体的に解説しています。

ChatGPTを初めて使う方は、「うーん、思っていたより時間がかかるな」と感じることもあるでしょう。しかし、その時間は「検索エンジンで上位表示を目指す」という目標だからです。

この記事では、SEO(検索エンジン最適化)に特に焦点を当てていますが、それだけではありません。記事の「オリジナル性や記事の質」も重視しています。

そのため、記事作成には時間と労力が必要ですが、それは高品質なコンテンツを作成するための重要なプロセスです。

最後に、ChatGPTは非常に便利なツールであり、時間を大幅に節約しながらも質の高い記事を作成できます。

忙しい方でも手軽に高品質な記事を書くことができるので、多くの人におすすめです。

ChatGPTによって生成された文章も、人間による編集が不可欠です。ブログでの収益向上を目指す場合、セールスライティングのテクニックを駆使して文章をブラッシュアップすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です