仮想通貨取引所のコインベース「Coinbase」が日本に上陸!口座開設・登録方法を画像で29枚で解説!

アメリカの大手仮想通貨取引所のコインベース「Coinbase」が2021年8月19日、日本で仮想通」暗号資産」の取引を開始しました。

コインベース「Coinbase」って?「細かい説明はいいから、口座開設方法だけ知りたいよ!って方はとばしてOKです

2016年に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と提携していりことから、日本でも知られている取引所ですが、2018年の日本進出を発表してましたが、日本在住者向けサービスは停止して取引出来ない状態が、取引サービスを開始したということでうね。

2012年創業、100カ国以上で展開しており、6800万のユーザーをかかえているといわれてます。
仮想通貨取引所の最大手バイナンスにつぐ大手の取引所です。

2021年4月のナスダック市場に上場。

現状では、三菱UFJ銀行の口座を持ってないと、取引はできない状況。

アメリカでの取り扱い通貨数は83にも登っている。
日本での取扱い通貨数は5銘柄「BTC,BCH,ETH,LCT,XML」銘柄は順次拡大すると案内されています、アメリカでの取扱数を考えるおおいに期待できます。

販売手数料はスプレッド含めた実質で1.99%と案内されています。

コインベース日本法人社長の北澤氏は『日本のお客様はコインベース株式会社を通じて、コインベースがグローバルで展開している取引板で暗号資産(仮想通貨)を売買できる。日本のユーザーが弊社を通じて、実質的にグローバルなプラットフォームにアクセスできるようになる』とコメント。

他にも、今後仮想通貨をショッピング利用出来るサービス「アメリカでは、大手ECのショッピファイ(Shopify)と連携し加盟店が仮想通貨で代金を受け取れるコインベース・コマースというサービスを展開している」
なんといってもDeFiを日本の法令が許す限り提供を目指すとコメントしたことは期待がもてる。

セキュリティーの一度もハッキングされたことがなく、顧客から預かっている資産のほとんどがオフラインストレージに保管されています。

結論
安心して資産を預けて取引できる、仮想通貨の取引所の一つしてコインベース「Coinbase」の口座は解説しておくべきだと思います。

コインベース「Coinbase」口座開設の方法を画像で詳しく解説します!

口座開設前に準備するものは?

口座開設前に必要なものを準備しましょう。

必要なものは2つです。

  • 運転免許証
  • スマートフォン

本人確認書類を認証するのは、運転免許証で行います。「いまところは、運転免許証以外はできないようです」

準備ができたら、口座開設に進みましょう。

コインベース「Coinbase」口座開設「登録方法」の方法を図解で解説

STEP.1
公式サイトへアクセス

コインベース「Coinbase」の公式サイトへアクセスし、「口座開設」をタップすます。

STEP.2
メールアドレスの登録

名前・メールアドレス・パスワードを入力したら、利用規約とプライバリーポリシーを確認。

同意チェックボックスにチェックを入れ「口座を開設する」をタップします。

STEP.3
確認メールが届く

STEP.4
メールアドレスの認証

 

登録したメールアドレスに確認メールが届くので、メールの中にある「メールアドレスの認証」をタップしてください。

STEP.5
SMS認証を設定

国を選択し、携帯電話番号を入力、「コードを送信する」をタップしてください。

注意
画面には「二段階認証」と記載してますが、実際はSMS認証設定の意味になります。
STEP.6
認証コードの入力

入力した携帯電話番号宛にSMSが届くので、記載されたいる認証コードを入力し「送信」をタップしてください。

STEP.7
確認事項のチェック

確認事項4つのチェックボックスの全てをチェックし「送信」をタップしてください。

STEP.8
本人確認の入力(個人情報)

名前・生年月日・郵便番号・住所を入力したら「送信」をタップしてください。

STEP.9
本人確認の入力(アンケート)

 

本人確認のアンケートに回答して「次へ」をタップしてください。

 

これでコインベース「Coinbase」への登録は完了です。

コインベース「Coinbase」口座開設【本人確認書類を認証・ログイン」の方法を図解で解説

登録が完了したら、そのまま本人確認書類の認証を行ってください。

STEP.1
本人確認書類を認証

 

「続ける」をタップしてください。

STEP.2
アプリで撮影・本人確認

 

「続ける」をタップする。

STEP.3
運転免許証・表面の撮影

 

運転免許証で本人認証をします。まずは、運転免許証の表面の撮影を行います。

運転免許証が準備できたら、「撮影開始」をタップしてください。

免許証の撮影

 

免許証の写真の位置に合わせて「カメラアイコン」をタップする。

正しい位置で撮影できてないと、エラー「❌ 枠からはみだしてます」と表示され「再撮影」を求められるので正しく撮影してください。

STEP.5
運転免許証表面・撮影画像の確認

 

チェック項目に問題がなければ、ボックスにチェックを入れて「OK」をタップする。

SETP.6
運転免許証・表面の斜め上からの撮影

 

撮影方法動画(14秒)を確認し理解できたら、「撮影開始」をタップしてください。

STEP.7
運転免許証・厚みの撮影


運転免許証の上部の厚みと顔写真を指定の位置に合わせて「カメラアイコン」をタップしてください。

STEP.8
運転免許証表・斜め上・撮影画像の確認

チェック項目に問題がなければ、ボックスにチェックを入れて「OK」をタップする。

STEP.9
運転免許証・裏面の撮影

 

運転免許証の表面の撮影の次は裏麺の撮影になります。

「撮影開始」をタップしてください。

STEP.10

 

運転免許証の裏面を枠内に入れて「カメラアイコン」をタップしてください。

STEP.11
運転免許証裏面・撮影画像の確認

チェック項目に問題がなければ、ボックスにチェックを入れて「OK」をタップする。

STEP.12
顔正面の撮影

 

申請者ご本人の顔を正面から写真撮影をします。画像のとおりにスマホをご自身の、お顔が枠内に入るように調整し「撮影開始」をタップしてください。

STEP.13
顔正面・撮影画像の確認

 

チェック項目に問題がなければ、ボックスにチェックを入れて「OK」をタップする。

STEP.14
首振り撮影

STEP.15
首振り撮影・説明画像

 

動画を視聴し上記の画像の手順に従って撮影するとOKです。

STEP.16
首振り撮影を開始する

 

正面を向き顔を枠内に収めて、首振り撮影を「開始する」をタップして撮影をしてください。撮影が終われば、本人認証は完了です。

STEP.17
投資する準備が整いました!

 

口座を確認したメールが届くので、「Coinbaseにサインイン」をタップしてください。

SETP.18
コインベース「Coinbase」にログイン

 

メールアドレス、パスワード入力し「ログイン」をタップする。

STEP.19
コインベース「Coinbase」の認証コード入力

 

7桁のコードを入力し「認証する」をタップする。

STEP.20
コインベース「Coinbase」にログイン完了

上図のような画面になれば、コインベース「Coinbase」にログインできました。

これで口座の開設が完了しました。

 

コインベース「Coinbase」口座開設のまとめ

仮想通貨取引所の最大手バイナンスにつぐ大手の取引所で、2021年4月にナスダック市場に上場している取引所が日本市場に参入しました。

そこで、コインベース「Coinbase」の口座は開設しておくことをおすすめします。

この記事では、コインベース「Coinbase」の口座開設を画像29枚を使って、細かく完全解説しました。

手順とおりに進めていくことで、初心者でも問題なく口座開設することができます。

本記事のまとめ
  1. 運転免許証とスマートフォンが口座開設に必要
  2. 口座開設「登録」を画像9枚で解説
  3. 口座開設「本人確認書類を認証」から「ログイン」を画像20枚で解説

以上の手順で、コインベース「Coinbase」での取引ができるようになります。

画像を確認しながら進めると、簡単に完了します。

ぜひ、お役立てください。

コインベース「Coinbase」公式サイトはこちら

アプリダウンロード数NO.1のコインチェツクの口コミ・評判から登録方法・使い方を知りたい方はこちらの記事からどうぞ。 ⬇

Coincheck(コインチェック)の評判・口コミ・実体験からメリット・デメリットを検証してみた。「登録方法も画像で解説」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です